Heart is filled

手放したのに、また同じことが起こった絶望感

 

ご訪問ありがとうございます!

ブログを通しての

ご縁に感謝します♡

 

f:id:sudeniaru:20181203060143p:plain

 

今日は、こちらの続きを書きます。

 

働かないで月に30万!をオーダーしたら

なんと弟から毎月30万もらうようになった話。

 

www.kansya888.com

 

これが3年以上前の話です。

 

ギャンブルで毎月お給料を使っていた弟が、

今度は毎月30万くれるようになって、

願いが叶ってヤッターと過ごしていました。

 

それから毎日その日にやりたいと思ったことをやる

そんな生活でしたが、やりたいことが

全然みつからない。

 

今日もまたカフェに行って、

大好きなカフェオレ飲んで、

想念観察、ノートに思っていることを書き出して、

本読んで。

 

仕事を辞める前は、海外旅行に行きたい、

どこどこ行きたい、あれやりたいとか

思っていたはずなのに、なんせ衝動がわかないんです。

 

今振り返れば、何もやりたくないをやりたかった

ということなのかもしれませんが、

何もやりたいことが見つからない自分は

ダメなんじゃないかと思えてきました。

 

当時は、Happyちゃんも読者さんたちと

楽しくイベントなどやったり、

Happyちゃん以外でも好きなことで生きていく、

自分で起業して月収100万!みたいな情報が

私には入ってきていました。

 

だから尚更、何もやってない自分て…という

無価値観を抱く様にもなっていた気がします。

 

その頃は、happyちゃんが羨ましかったんです。

何が羨ましいのか?

みんなに注目されて、主役のイベントをすること?

いやいや、私は一人でいることが好きだし、

大人数でワイワイやるのは好きじゃないので、

そこではないと。

 

なんだろうと考えた時、

本当の音を出していること。

 

本当の音

つまり、本音で生きていること。

 

それが死ぬほど羨ましかったんです。

 

やりたくないことは自分にやらせない

ワクワクに動く

自分を制限の枠に入れない

恐れに飛びこむ

お金がなくてもやりたいことはできる

 

こんな生き方も私がやりたいことでした。

 

でも、自分はというと

何もやりたい衝動が起きない。

 

楽しそうにしている人たちの

(実際はどうかわかりませんが)

ブログを目にする度、働かずに楽しいはずの毎日が

段々とつまらない毎日になっていきました。

 

そんな生活が1年過ぎて「あぁー、つまんない!!」

と自分に嫌気がさしたと同時に、

ふとある思いが湧き上がったんです。

 

なんだと思います?

 

「あ、また弟が給料使ってきちゃうかも」

 

自分でもビックリ。

 

ワサワサワサ~と、あの忘れかけていた感じを

胸の奥で感じるんです。

 

いや、大丈夫。大丈夫。

 

もう手放したし、1年も毎月30万くれていたんだから

今月だって入れてくれる。

 

そう思い直すも、ワサワサがザワザワに変わって、

なんとギャンブルで使ってきました!

 

えぇーーっ

嘘でしょーーっ

 

なんでまた

ギャンブル行くのーっ

 

あんなに手放したのに~

 

f:id:sudeniaru:20190217122130j:plain

 

この時の絶望感といったら半端なかったです。

 

浄化ワークをやったことある人なら、

わかってもらえると思います。

 

ワークをやった後に変化することを期待したのに、

変わってないと感じる、あの10倍です。

 

崖から突き落とされて、しばらくは履い上がれず

気を失ってる感覚…体験したことないですけど (笑)

 

なんでこうなるの~ (ノД`)・゜・。

 

今までやった浄化ワークの全てが無駄に感じ、

もうだめだ、やっぱり私は変われないんだ

というところまで落ちました。

 

でもですよ。

 

確か、関野あやこさんも、

手放した後に、同じことが起きたと思っても

それは手放したものではなく、

新たに思った思いがあがってきただけと

どこかで話していたなぁって。

 

だから私の場合も、確かに過去

弟がギャンブルに行く、私はお金に困るとか、

それにまつわる観念などは手放せていた。

 

だけど、新たにまた弟がギャンブルに行くと

思ってしまったからだと受け入れました。

 

そう捉えたら、マイナスな現実化ではありましたが(^_^;)

やっぱり本当に自分の観念通り、

思った通りの世界になってるということに

確信が持てたんです。

 

それからも浄化ワークをやり続けましたが、

弟がギャンブルで使ってくることが続き、

30万もらって貯まっていた貯金も

底をつきそうになった頃、

またオーダーをだしました。

 

「100万、お願いしまーす!」

 

結果、入ってきません。

 

100万は、入ってこない

弟は、ギャンブルに行く

私は、働かないこの生活もつまらない

 

じゃあ、どうしたい?

 

自分に問いました。

 

まずは、自分が働くことを

どう思っているのかを考えたんです。

 

それまでの私は、

生活の為に働いてました。

 

生活の為って、

おもしろいわけないですよね?

 

ならば、仕事の定義を変えようと。

 

そこで

 

仕事=自分を表現すること

 

に変えました。

 

そして、こんな感じなら働きたいというのを

書き出したんです。

 

自分を表現できる場であること

今までの経験を活かせること

好きな接客だけど、ノルマはない

飲み食い自由

立ったり座ったりも自由

インターネットも自由に見れる

ブログを書ける

自転車通勤

自転車通勤なのに交通費支給

有給あり

賞与あり

少人数

髪型自由

週3~4日勤務で、

生活できるだけの給料がもらえる

 

こんなことを書きました。

 

今思えば、なんで生活できるだけと書いたのか。

もっと貰える設定にすれば良かったと

後で後悔することになります。

 

そして、これまでの私は転職するたびに、

楽そうな仕事を選んでいたんです。

 

“楽そうな仕事” 

 

「楽」って字は同じなんですけど

「楽しい」ではないんですよね。

 

とにかく楽そうな仕事を選んでいたのですが、

やってみるとつまらないから続かない。

 

では、今度は楽の反対で仕事を探してみようと、

大変そうな…というか、

求人で困ってそうなところを探しました(極端)

 

求人サイトを見ていると、頻繁に求人が掲載される

治療院がありました。

 

受付を募集していたのですが、

文字入力できる程度でOKと書いてあって、

勤務も週2~。

 

このぐらいの条件提示なのに、

なんでこんなに人が辞めるのか。

 

HPを見てすぐわかりました。

原因は、この人だ!!って。

その治療院の女性院長でした。

 

おもしろいですよね。

無機質なPC画面なのに、

ちゃんと伝わってくるんです。

いや、無機質だからこそ伝わるのかな?

 

みなさんも感じませんか?

このHPはいい感じがするとか、

このブログはなんか読みやすいとか

なんか伝わってくる感じがあると思うんです。

 

それは、文章が上手とか

レイアウトはうまいとか

そんなことは関係ないんです。

 

そこに、どんな想いがのってるか。

 

また、顔にはその人の心が現れていると思います。

よく女は化粧で化けるなんて言いますけど、

あれは、そのまんま現れてますよ。

 

きつい性格の人はきついメイクをします。

昔いた意地悪だと言われていたお局さんは、

デビルマンみたいなメイクでしたから(笑)

 

f:id:sudeniaru:20190217125412j:plain

 

どうしたら、そんなメイクになるのって。

 

話を戻して、この院長が原因だとわかって

あえて大変なところに応募しようと決めました。

 

今までと選択肢を変えてみる。

 

「仕事には呼ばれる」

と斎藤一人さんが言ってました。

 

自分で仕事を選んでいると思っているが、

実は仕事に呼ばれているんですよって。

 

私が、この治療院のお役に立てるなら

きっと呼ばれるだろう。

軽い気持ちで応募しました。

 

そして、私が絶望した現実も、

今はわからないけど、この先にまた私が

浄化すべきものが現れてくるはずだから、

こういう流れになっているんだと受け入れました。

 

津留さんが、浄化するものは次々に現れて来ると

言っていたことを思い出して。

 

すべては私が神の記憶をとり戻すために

起きていること。

 

この時も、小我である私の頭では、

なんでこうなるのと思っていても

大我はこっちだよと

導いてくれていたようでした。

 

 

続きます。

 

幸福のバトンリレー

 

ご訪問ありがとうございます!

ブログを通しての

ご縁に感謝します♡

 

f:id:sudeniaru:20181203060143p:plain

 

読者登録や、あたたかなコメントを頂き、

本当にありがとうございます♡

 

私のブログを読んでくだる皆さんには、

感謝しかありません。

 

ブログで自分を表現するだけで

魂は喜んでいるのに、

更にあたたかなメッセージが届いた時の

この上ない喜び ღ˘◡˘ற♡.。oO

 

私の人生で経験したこと、悩んだこと、

感じたことをシェアすることで、

誰かのお役に立っているなら、

こんなに嬉しいことはありません。

 

これからもよろしくお願いします☆

 

 

今日は「幸せのバトンリレー」について

書きたい衝動にかられました。

 

また身内ネタですけど (笑)

お付き合いください。

 

 

私の父の姉、私の伯母の話です。

(以前書いた祖父母の遺産をくれた伯母です)

 

伯母も父と同じく、

父親(私の祖父)のことが

大嫌いでした。

 

父にも叔母にも嫌われる祖父って

かわいそうだと思いましたが、

2人から話を聴くと嫌うのも

無理ないと納得できました。

 

祖父は何をやるにも反対するし、

気に入らないと殴る。

 

伯母は幼い頃、耳を持ったまま

体を振り回されたようで、

今も耳たぶが避けたままです。

 

伯母が私に言いました。

 

「アイツは地獄からの使者よ」

 

どれだけ嫌いかわかると思います。

 

父も伯母も早く祖父から離れたくて、

家を出る計画を立てるも、

結婚という形でしか家から出ることを

許されなかったようで、

2人とも結婚して無事に家を出られました。

 

伯母からすれば、弟(私の父)の嫁が

長男の嫁にあたるので、

これからは祖父母に何かあっても

長男の嫁である私の母がいるからと

思っていたと思います。

 

ところが、あてにしていた!?

私の母が自殺してしまい、

伯母の人生も狂いました。

 

まずは、祖母がボケてしまい、

施設にお世話になることになりました。

 

祖母の施設と独り暮らしをしていた

祖父の家を行き来して面倒をみていたんです。

 

数年後、祖父が外出先で転び骨折してしまい、

その後、施設へ入ることになりました。

 

祖父母、それぞれ施設へ。

 

その施設には、それぞれ自宅から

2時間ぐらいかかりました。

 

1日交替で、それぞれの施設に行くも、

祖父母から色々言われたり、

頼まれてやってあげたことに対しても

怒られたりしていたんです。

 

これ、私だったらとっくにお手上げです。

 

私は時々、叔母に電話して

話を聴くぐらいしか出来ませんでしたが、

あるとき伯母が言いました。

 

「全然死なないから、

 こっちが先に死んじゃいそうよ」って。

 

そういうのも無理ないですよね。

 

大嫌いな父親が、

101歳まで生きちゃうんですよ(笑)

 

80歳位で肉体を脱ぐ人が多い中、

祖父は20年も長く生きる!

 

伯母にとっては、まさに地獄。

 

私が伯母なら、早く死んでくれと

同じことを思ったはずです。

 

伯母は、祖父母の面倒をたった一人で

20年近くみてきました。

 

あるとき、一緒に祖母の施設に行く際に

両親の面倒を一人でみるのは大変だよね?

ときくと伯母が言いました。

 

 

どうせやるなら

楽しんでやるのよ♬

 

 

足が悪い伯母は、歩くのも大変なので、

祖父母の施設に行くときには、

タクシーを利用していました。

 

タクシーの運転手さんとも、

たわいのない会話をして、移動時間は

伯母と運転手さんの笑い声が絶えないんです。

 

そして、料金を支払う時に伯母が言いました。

 

「お釣りはいらないよ。

 お兄さん、コーヒーでも飲んでね!

 ありがとう。」

 

と手を振って降りました。

 

運転手さんの嬉しそうな顔。

 

すぐに叔母に、毎回こうしているのかきくと

毎回やってると。

 

「たった数百円のお金だけど、

 運転手さんが喜んでくれて、

 次のお客さんに優しくするかもしれない。

 家に帰ったら家族に優しくするかもしれない。

 だから私はこうして幸福のバトンを

 いつも渡してるのよ♬」って。

 

f:id:sudeniaru:20190128063526j:plain

 

伯母は化粧もしないし、おしゃれもしません。

他の人からみたら、ただのおばさん。

 

なのに、その時の伯母は、

恐ろしいぐらい輝いていました✨

 

なんて美しいんだろう。

 

今、思い出しても涙が出ます。

 

実は、父も一緒に遺産を受け取りに行った時、

運転手さんに同じことをしてました。

 

そういえば、父は昔から、

ビラやティシュ配りをしている人から

私が受け取らないと怒っていたんです。

 

「なんで受け取ってあげないんだ💢

 受け取ってあげたら、あの人が早く

 仕事終わらせて帰れるかもしれないだろ。

 お前は思いやりがないよ」と。

 

さすが姉弟。

 

話を戻しますね。

 

伯母の在り方が私には衝撃でしたが、

その後、施設に行くと、

今度は施設のスタッフの人々が

伯母のところへ寄ってきて、

楽しそうに話し始めるんです。

 

タクシーの時と同じで、

あっという間に伯母のの周りに

笑顔の花が咲いていました。

 

自分も大変なはずなのに、

関わる人を笑顔にする伯母の姿に、

感動して胸がいっぱいになりました。

 

施設で伯母と別れ、私一人タクシーに乗ると

運転手さんが言いました。

 

「素敵な伯母さんでいいですね。

 運転手でおばさんのことを

 知らない人はいませんよ。

 いつも楽しませてもらってます。」

 

どれだけ成功したとか、

お金持ちになったとかそんなことよりも、

身近にいる人をどれだけ笑顔にできるか。

 

幸せのおすそ分けができるかの方が

私にとっては喜びが大きいと感じました。

 

伯母の姿を見て、その日から

私も自分ができることで

今日関わった人を笑顔にすることを

実践し始めました。

 

自分が実践するとわかりますが、

初めは周りにいなかったんです。

私の世界にこういう人が。

 

お店に入って自分がお客さんの立場でも、

スタッフの人にお声がけして、

笑顔が素敵ですねとか、あなたのお陰で

とても気分よく過ごせました、

ありがとうと伝えるとか、

お店の人だけでなく、あらゆる場所で

出会った人にやってます。

 

実践し続けると、今度は周りから

私が笑顔にしてもらうことが

どんどん増えてくるんです。

 

お店の人に「いつもお客さんの笑顔に

幸せもらってます」なんて言われます。

 

これがまさに循環の法則ですよね。

 

私の言葉で笑顔になってくれた時の喜び、

私の真心が伝わった時の嬉しさ、

私が誰かにやっているようで、

実は私が一番幸せを感じられます。

 

みんなもそうなんじゃないかな。

 

私のなりたい姿、これからやりたいことは、

自分の周りにいる人たちが、

笑顔の花を咲かせてくれる。

そんな花咲かばあさんになることです。

 

 

f:id:sudeniaru:20190128063418j:plain

お金をかけなくても

できることがある。

 

愛ある世界は創れる

 

みんなこういう思いやりや真心、

つまりは愛に触れることを

望んでいるような気がします。

 

それから暫くして、

タクシーを乗る機会があったので、

伯母のように運転手さんに

「お釣りはいいですよ。

 コーヒーでも飲んでくださいね」

ってやってみました。

  

その一週間後、絶版になった本が

ブックオフで売っていたので買ったんです。

 

すると中から、当時はまだ使われていた

パスネットが挟まっていました。

 

残額をみたら1300円ちょっと。

 

えぇー、約4倍になって返ってきた!! (笑)

 

知花先生の話を知った今、

ホントに4倍だぁと感心しました。

 

www.kansya888.com

 

 

幸せのバトンリレーを誰かに渡す人が

増えていく世界で私は生きます。

 

想像が創造されるし、他人は鏡。

 

私がやることで他人もやるはずだから。

 

そんな私の思いが歌になったと感動して、

聴いたとき涙が止まらなかった曲。

 

この曲、大好きです♡

 

「愛を愛を、愛を祝いあおう」このバージョンが好き

 

www.youtube.com

 

歌詞

 

さっきとても素敵なものを
拾って僕は喜んでいた

ふと気が付いて横に目をやると
誰かがいるのに気付いた

その人はさっき僕が拾った
素敵なものを今の僕以上に

必要としている人だと
言う事が分かった

惜しいような気もしたけど
僕はそれをあげる事にした

 

きっとまたこの先探していれば
もっと素敵なものが見つかるだろう

その人は何度もありがとうと
嬉しそうに僕に笑ってくれた

 

その後にもまた僕はとても
素敵なものを拾った

ふと気が付いて横に目をやると
また誰かがいるのに気付いた

その人もさっき僕が拾った
素敵なものを今の僕以上に

必要としている人だと
言う事が分かった

惜しいような気もしたけど
またそれをあげる事にした

 

きっとまたこの先探していれば
もっと素敵なものが見つかるだろう

なによりも僕を見て嬉しそうに
笑う顔が見れて嬉しかった

 

結局僕はそんな事を何度も繰り返し
最後には何も見つけられないまま
ここまで来た道を振り返ってみたら

 

僕のあげたものでたくさんの
人が幸せそうに笑っていて

それを見た時の気持ちが僕の
探していたものだとわかった

 

今までで一番素敵なものを
僕はとうとう拾う事が出来た

 

 

歌詞のまんまです。

 

今までを振り返り、自分があげたもので、

たくさんの人が幸せそうに笑ってくれた時が、

なにより嬉しかったことに気づきました。

 

素敵なものは既に手に入れていたし、

この先も自分次第でいくらでも手に入ることに

気づけた今が一番、私の人生は豊かです。

 

私にできることで、

あなたにしかできないことで、

一緒に豊かな世界にしませんか?

 

あなたにしかバトンを

渡せない人がいるはずです。

 

そして、渡した時気づきます。

 

自分がとてつもなく

豊かな世界にいることに。

 

今日も私は幸せのバトンを渡します。

 

その幸せのリレーが、

ずっと続くことを願って♡

 

 

自分を知るツール

 

ご訪問ありがとうございます!

ブログを通しての

ご縁に感謝します♡

 

f:id:sudeniaru:20181203060143p:plain

 

最近、子宮委員長改め八木さやかさんが、

ブログセラピーセミナー開講されています。

 

ameblo.jp

 

さやかさんが、

 

ブログを通して
厳格に自分と向き合う、
ということは、
アスリート並みの
体力と精神力が必要なんだな。
 
 
と書いていて、まさに!!と
自分の中で感じていたことを
ピッタリ言語化してくれていて
読んでスッキリしました。
 
 
でも、
自分の心を
忠実に再現(表現)できた時、
快感なんだよね。
 
 
本当にそう。
 
自分の心を忠実に表現できた時の
満たされ感は半端ないです。
 
ただ、私の場合は、
自分の思いをうまく言語化することに
恐ろしく時間がかかり、
ブログを書くにあたって、
更なる感情解放や気づきが起きるため、
更新に時間がかかることがほとんど。
 
スラスラ書ける人が羨ましいなぁと思うけど、
きっとこれも訓練で続ければ
書けるようになるはず。
 
時間はかかっても、
ちゃんと自分と向き合って
自分の思いを表現してあげる。
 
ブログを書く行為は、私が私の思いを汲み上げ、
今の自分をしっかり見てあげることになっているので、
書き続けて良かったと思っています。
 
 
そして、私達は、もともと一つで、
それぞれが違うことを体験し、
それらをレポートとして宇宙にあげている
とコバシャールさんが話していました。
 
毎日?毎瞬?こんな体験したよ、
こんな感情を感じたよとレポートをあげている、
そのレポートの言語化したのが、
私の場合ブログになっています (^^)
 
それぞれが違う体験をするので、
私はこれをやったらこうなったよと表現することで、
他の人が興味を持つことにも納得がいきます。
 
だって、私と同じことを体験する人はいないから。
 
あなたはこんな体験したんだね
こんな感情を味わっているんだね
 
私も他人の体験に触れる度、
すごい!すごい!を興奮します。
 
みんなで、レポートをあげていると思ったら
おもしろいですよね。
 
私達は、宇宙からの派遣社員!
 
もっとお給料もらっていいと思うのは
私だけでしょうか? (笑)
 
 
そして、さやかさん繋がりで
最近知った子宮推命の假谷舞さん。
 
 
 
舞さんの動画を目にすることが増えて、

「子宮推命」が気になりました。

 

 

f:id:sudeniaru:20190210085533p:plain

才能と天性 | 假屋舞の子宮推命「あなたを照らす子宮推命」

 

 

子宮推命とは、舞さんが考案した四柱推命と

子宮メソッドを合わせたものだそうです。

 

詳しく知りたい方は、

ご自分で調べて見て下さい。(^_^;)

 

簡易式だそうですが、生年月日を選択するだけで

簡単に自分の命式を出してみることができるのが

こちら ↓

 

suimei49.pxq.jp

 

命式表を見れば、
 
・自分の役目
・得意、不得意、性格
・使命などが分かるそうです。
 

子宮推命について書いてくださっていた

葉月さんのを参考にさせて頂きました。

 

ameblo.jp

 

私は、好き、嫌い、得意、不得意、性格などが

分かるところに、「傷官」「印綬」「偏財」

「長生」「衰」「死」がありました。

 

【傷官】  色合い、レイアウトしたい、美意識高い

【印綬】  アウトプットしたい

【偏財】  知ってることを全て出したい

【長生】  信頼される

【衰】   経験を語りたい

【死】   直感で生きたい

 

ピッタリすぎて、

言葉がでませんでした。(*_*)

 

中でも

 

【印綬】  アウトプットしたい

【偏財】  知ってることを全て出したい

【衰】   経験を語りたい

 

もう笑っちゃう。

 

これがあるから、

私はブログを書きたかったわけだと

ものすごい腑に落ちました。

 

簡易的な子宮推命での結果ですが、

今の自分がやってることに納得ができると

生き方が変わります。

 

自分を知れて、私の魂が求めていること

やりたいことをやれているんだと思えただけで、

更に毎日が楽しくなりました♬

 

 

葉月さんのブログ以外でも

例えば「子宮推命 印綬」とかで検索すると

子宮推命士の方々がブログに

書いてくださっているので、

それらを参考にさせてもらいました。

 

関口扶美子さんのブログに、

 

blog.goo.ne.jp

 

ヒステリーの星「傷官」で

この星は「自己否定しやすい星」とあり

傷官が2つある私は、どおりで、

長いこと自己否定に苦しんだわけだと

これまた納得。

 

子宮推命、自分を客観的に知るツールとして

おもしろいです。

 

もっと深く自分を知りたいので

鑑定してもらう予定です♬

 

鑑定してもらわなくても、

自分で調べるだけでも知ることができるはず。

 

興味があれば、生年月日を入力するだけで

知ることができますので、是非!

 

これで、どんなことも思い通り

 

ご訪問ありがとうございます!

ブログを通しての

ご縁に感謝します♡

 

f:id:sudeniaru:20181203060143p:plain

 

前回、結果は目的を受け入れることで

ストレスが減ったことを書きました。

 

更に、津留晃一さんが話していた

こちらもシェアしますね。

 

津留さんのCD「創造主」より

 

tsurukoichi.com

 

 

この思い通りにならない

という夢の中だからこそ、

思いを叶えるという夢に

チャレンジしてきたわけです。

 

だからこそ、思いが叶うということが、

喜びとなりました。

 

元々を体験したいから始めた、

あなたのこの宇宙です。

 

自分の創った宇宙の中で、

あなたに体験不可能なことなど

あるはずがありません。

 

この宇宙が自分の創造物だといった

認識を得たあなたにとって、

もはや不可能なことはなくなります。



自分が創ったって

100%認識出来たら、

そんなことできるかなという疑問なんか

起きてこないんですね。

 

この自分が創ったっていう認識を

100%得る近道が、

さっき言った一つ一つになってみる。

 

一つずつ体験していくんです。

 

そうすると意識が広がって自分は、

この空間全部自分だって認識が

持てるようになります。

 

この空間全部自分だって認識が持てた

ら、自分の思いが創ってるっていうのが

分かります。

 

そうすると、

思いがうつってできたもの。


だから、その世界で

実現不可能なものがある。


それは、うまくいかないという

発想が起きなくなるんです。

 

うまくいかないという発想は、

皆さんの体験の知識の中にあります。


今まで体験したわけです。


思ったものが思い通りいかなかった。


体験してます。

 

だから過去の体験にてらせば、

当然思い通りにはなります。

 

でも、その思い通りにならない体験は

自分が創ったんです。

 

だから過去の思い通りにならなかった

体験を受け入れる必要は

何もないわけです。

 

そうですよね。

 

過去思い通りにいかない、

人から迷惑を受けた、

苦しい体験をいっぱいしてますが、

その体験は自分はちっぽけで、

この現実は自分が創ったんじゃない

という誤解のもとに起きた体験なんで

す。

 

いわゆるその苦しさを、

体験したかったから体験したんです。

 

すなわち思い通りになってたんです。

 

体験したかったから、

苦しさを体験したんだという考え方を

受け入れてしまうだけなんです。

 

いろんな体験があったと思います。

 

苦しい体験、記憶を辿れば

いっぱい出てくるでしょう。

 

その一つ一つを

これからやっていくんです。

 

嫌な思い出を思い出そうと思った時に、

パッと出てくる思い出があるとしたら、

それを否定的に認識しています。

 

その体験を、これは私が体験したかった

から、これを味わったんだって、

思い込めたらもう変わるんです。

 

自分がしたかったから、

この苦しい体験をしたんだ。

 

すなわち思い通りだったんだ。

 

だから、どんなことも

思い通りになります。

 

苦しい過去の体験を

ほったらかしにすると、

自分のエネルギーフィールドの

空間の中に、マイナスの体験の

エネルギーが残ってます。

 

それが色々抵抗してきます。

 

あれば私がしたかったんだと言っても、

そんなことはない、

絶対そんなことはない、

あいつが犯人で、

あいつのためにという思いが

そのエネルギーからやってきます。

 

そこでまずそのエネルギーを

癒す必要が出てきます。

だから今ヒーラーというものが

たくさん出てます。

 

過去のマイナスの体験のエネルギーを

癒していきます。

 

これほっといても表面意識を伝わって、

それはやがてあがってきます。

 

ですから、これからは

出来事が起きなくても

わけもわからず葛藤や悲しみや、

苦しみのエネルギーが

朝起きた時、突然やってくる、

そんな朝を迎えることも

多くなってくると思いますが、

来たらしめたですね。

 

消えていくんですから、来たらしめた。

よしここにいるぞ!

逃げないでください。

で、味わってあげるんです。

 

で、味わいながら、

この苦しみの源は何でしょうか。

 

原因に意識を向けて行ってください。


意識を向けるんです。


考えるんじゃない。


意識を向けるんです。

 

もういっぺん言いますね。

 

この思い通りにならないという

夢の中だからこそ思いを

叶えるという夢に

チャレンジしてきたわけです。

 

だからこそ想いが叶うということが

喜びとなりました。

 

元々を体験したいから始めた

あなたのこの宇宙です。

 

自分の創った宇宙の中で、

あなたに体験不可能なことなど

あるはずがありません。

 

この宇宙が自分の創造物だといった

認識を得たあなたにとって、

もはや不可能なことはなくなります。

 

f:id:sudeniaru:20190204051439j:plain



私は、津留晃一さんに出会うまでは

よく「こんなはずじゃなかった」と

思っては悩んでいました。


私がこんなはずじゃなかったと

思って生きていた時は、

出会う人が、こんなはずじゃなかった

って言うんです。


他人は自分の鏡だなぁと思いました。


津留さんのお話を採用して、

こんなはずじゃなかったを

こんなはずだった!に変える。


実践し続けることで、

私も昔とは全然変わりました。


嫌なことを体験した時にこそ、

私はこれを体験したかった

体験できて良かったね!

で終わることを今でも実践しています。


私の場合、頭だけでは

心が伴わなかったので、

その体験で感じた苦しみなどは、

M2テクニックで味わい尽くします。


味わい尽くすと、心が満たされる感じが

するからおもしろい!


今は、色んな体験をして

感情を感じてきた自分に

心からありがとうと感謝したいです。


これを体験したかった!で、

どんなことも思い通りの生き方に

一緒に変えていきましょう!


私のストレスが減った理由

 

ご訪問ありがとうございます!

ブログを通しての

ご縁に感謝します♡

 

f:id:sudeniaru:20181203060143p:plain

 

あるところで潜在意識についての

話をききました。

 

 

潜在意識は

 結果が目的

 

 

結果が目的?

 

どういうことかというと、

例えば、水が入ったコップを落とし、

水が床にこぼれたとします。

 

その水を拭きますよね?

 

水をこぼした

  ↓

結果、床を拭いた

  ↓

潜在意識は、床を拭きたかった

 

ということになるというのです。

 

私達は、顕在意識で過ごしていて、

それは5%ぐらいだと言われていますよね?

 

潜在意識で自分が何を思っているのか

知るには、現実で起こったことを

見ればわかるわけです。

 

私は、この話を聞いて

「結果は目的」を採用しました。

 

先程の例のように、水をこぼした時も、

「私は床を拭きたかったんだー」

と受け入れました。

 

それまでの私は、こぼしたら

イライラ💢してたんですが、

起きていることが本当の自分が

やりたいことなんだと受け入れてから、

ストレスが激減しました。

 

これは、結果が目的を

採用しなかったとしても

自分が創造主の視点に立てば

同じことかなと思います。

 

創造主視点に立つと、

「~された」という被害者視点は、

持てなくなるはずです。

 

全部本当の、大きな我が起こしていて、

肉体を持つ小さい我は、

これを体験したいんだ

この感情を味わいたいんだ

と受け入れる。

 

これをやるだけです。

 

彼氏にフラれた →

 “私が”彼と離れたかった


リストラされた → 

“私が”会社を辞めたかった

 

など。

 

私も結婚したいと思っていた

時期がありましたが、

結果、今独身です。


ということは、

結婚したくないということ(笑)

 

結果が目的を採用していないときは、

無駄に悩んでいました。

 

なんで結婚できないんだろうとかね。

だって、本当はしたくないじゃん!

ってなったら、悩む時間がなくなりました。

 

あるとき、なぜ結婚したいのか

掘り下げてみましたが、

出てきた答えは「世間体」のみ。

 

世間体のためならする必要ないですもんね。

 

結果を、起きていることを

自分がやりたかったことだと受け入れる。

 

是非、取り入れてみて欲しいと思います(^^)

 

だんだんおもしろくなってきますよ。

 

「あぁ、私はこれを体験したかったのね

ぇ~」って笑えくるはず。

 

f:id:sudeniaru:20190128061646j:plain

 

結果が目的を採用してから、

より、お気楽に生きられるよう

なりましたし、周りの人に対しても

かわいそうと思わなくなりました。

 

あなたは、それをやりたいのねって。

 

それがとても大変なこと

辛そうなことなら、その体験を選んだ

優等生な魂だなと思うだけです。

 

潜在意識は、現実に起きていることを

見ればわかります。

 

自分が思っていることが、

実って現れているのが現実ですもんね。

 

ひとりでも多くの方が

少しでもお気楽に生きられますように☆



自殺って軽い ← これ採用

 

ご訪問ありがとうございます!

ブログを通しての

ご縁に感謝します♡

 

f:id:sudeniaru:20181203060143p:plain

 

自殺編、続きます。

 

母が自殺する前から、

よく自殺すると成仏できない

ということを耳にしていました。

 

それを聞くたび、誰が決めたんだろう?って

納得できませんでした。

 

母が亡くなってからも、心がスッキリしないまま

過ごしていた時、ある映画の存在を知りました。

 

それが、こちら

 

www.youtube.com

 

「かみさまとのやくそく

 ~あなたは親を選んでうまれてきた~」

 

胎内記憶をテーマにしたドキュメンタリー映画でした。


胎内記憶とは お母さんのお腹の中にいたときの記憶や、

その前の記憶のこと。

2~4才の子どもたちが話すと言われています。

 

norio-ogikubo.info

 

世間一般の常識では親は選べないと言われてますが、

この映画では、子供が親を選んでくると。

 

私も高校生の時に、ボーっと

家事をしている母を見ていた時に

「あっ、私この2人の子供に生まれたいって

 決めたな」って感じたんです。

 

心の奥から湧き上がってきて、

不思議と納得した経験がありました。

 

なので、子供が親を選んでくるということは、

受け入れていましたが、なんでこの親の元に

生まれてきたんだろう?という疑問は

ずっとありました。

 

その答えがこの動画にあったんです。

 

池川先生が

「私たちは何のために生まれるの?」

と何人かの子供たちにきいたら、

答えはすごく明確で

「人の役に立つため」

って全員言ったそうです。

 

で、一番最初に役に立ちたいのは

お父さん、お母さん。

 

特に、

お母さんなんですよ。

 

お母さんの役にどうやって立つのかっていうと、

自分が生まれてお母さんが幸せ。

 

これが子供たちにとって幸せなんですよ

と話してて、この言葉を聞いたら、

涙が止まらなくなりました。

 

母が亡くなるまでの私と母のことが

走馬灯のように思い出されて、

自分が母を選んだということと、

今の人生も私が選んだと腑に落ちました。

 

また、この映画の中で子供たちが

「反省部屋」の話をしていました。

 

「反省部屋」というのは、

自殺したり、殺したり?殺されたり?した

後悔した魂が入る部屋のようで、

そこで反省して、迷惑をかけた人たちに償い、

喜ばせるために来世に転生します。

喜ばせることができたら、

自分のやりたいことができるそうです。

 

でも、反省しない魂もいる!

って笑いながら子供たちが話した時、

あっ、お母さん反省していない!

って感じたんです。

 

うまくいえないけど、そう実感したんです。

全然反省してないって(笑)

 

生前の母は、とにかく好奇心旺盛で

いろんなことやっていたんです。

 

母をよく知る人からは、

あんなにお母さんは色々やってたのに、

娘のあなたは全然やらないねって苦笑されます。

 

母は色々やり尽くして、今の肉体で居続けても

後は老いていくだけ。

 

この肉体では充分体験した、

もっと違う体験がしたいから、

反省部屋なんか入ってる場合じゃないと思ってる

母の姿が浮かんだんです。

 

早く他の若い肉体に入って

もっと楽しみたいんだ!という

母の思いが感じられて、

母らしいなと笑えました。

 

この映画を機に、池川先生の存在を知りました。

 

その後、以前このブログでも紹介した

「まゆともチャンネル」のゲストに

池川先生が登場したんです。

 

www.youtube.com

 

一部文字起こし

 

その中で、先生が自殺について

子供たちにきいたことを話してました。

 

自殺した人を聞いたんですよ。

自殺すると、だいたい帰ってこれないっていうし、

どうなんですか?

帰らない人もいるでしょ?って聞いたら、

「いや、そんな人いないですよ。

 みんな帰ってきますよ。」

って言うんですよ。

 

その人たちって、なんて帰ってくるんですか?

「また、失敗しちゃった💦」(;'∀')

って帰ってくるんですよ。

 

f:id:sudeniaru:20190121115523j:plain

 

結構ね、人生って軽いらしいですよ。

みなさんが思っているほど重くないみたい。

 

深刻に考えるのは、肉体を持つと深刻に

考えられるんですよ。

 

魂は深刻に考えることはできないんです。

全部OKだから。

 

そうするとね、空の上から見て

深刻に考えるっていうことは、

出来ない人から見ると、深刻に考えるって

魅力あるんですよ。

 

素敵~♡、なにあれ~♬

やってみたい!って来ちゃうんですよ。

 

で、順調に深刻な人生送っているのに、

なんで私だけって思っているんですよ。

 

いやいや、自分が選んで来たでしょって(笑)

 

(深刻を)充分味わうのが大事ですね。

 

自分が決めた目標まで達しきると、

もうそれ以上深刻になる必要はないから、

ハッピーになっていいんだけど、

そのままずっと深刻で行く人と、

ハッピーなる人と別れるんです。

 

これも自分の選択なんですよ。

 

生まれたくて生まれたくて

でも生まれない子が多いんですって。

 

生まれないっていうか、

要するに手形を持てないってことですね。

選ばれない。

 

これは、お母さん、お父さんからもらうもの

なんですって。

 

だから、お父さん、お母さんがあげないと

来れないから、流産にしろ、死産にしろ

それを持ってくるから超エリートなんですよ。

 

イメージ的には、ディズニーランドが

あるじゃないですか?

 あそこはテーマがいっぱいありますよね?

 

そこに【深刻になる人生】とか

【不幸になる人生】とか【夫婦仲悪い人生】が

あるわけですよ。 よりどりで。

 

みんな好きなとこに行くんですよ。

順調に、その苦しい人生とか

夫婦仲悪い人生送ってて、

苦しいとか言ってるんですけど、

自分で行きたいところにいけばいいんですよ。

 

順調に行って幸せなわけですよ。

だって行きたいのに行けない人

いっぱいいるわけだから。

 

一人のお母さんに、だいたい一万人ぐらい、

イメージ的にね、一万の子が

来たがっているんだけれども

みんな来れないんですよ。

 

来れるのは、お母さんが妊娠する数だけだから、

流産でも何でもいいんですよ。

もう来れたんだからラッキーみたいな。

 

例えば、流産する子なんていうのは、

入場券で入ったようなものですね。

だけど、乗り物券ついてないから(笑)

 

でも、周れるんですよ。

あれ乗りたいなぁ、これ乗りたいなぁ

とかいって帰ってくるんだけど、

なぜかディズニーランドというところは

ネズミが立って握手してくれたりするんですよ。

で、帰ってくるんですよ。

 

なんかいいとこだったなぁ

ネズミが立って握手してくれるんだよって、

エッ、それ何?って、

みんなに自慢げに話すんじゃない?

 

流産っていうのは、お母さんに来たいんですよ。

で、来れて、おもしろいのは、

お母さんの見るもの、聴くもの、感じるもの

すべて空に帰る時、持って帰れるんですって。

 

だから、それをしに来てるのに、

お母さんが悲しいとか、ずっと思ってるわけですよ。

自分を責めて流産しちゃったかなと思ってる。

 

なにも今の世の中が、突然パラダイスに変わって、

みんながハッピーになるんじゃないんですよ。

 

もうすでに皆さんがハッピーなことに

単に気が付くだけ。

 

それが弥勒の世なんですよ。

という私の解釈なんです。

 

皆さん、相当ハッピーですよ。

 

だって生まれてこれない子が、

自分たちの何千倍もいるんですよ。

 

その子たちから見たら、

生まれてきただけで大儲け。

 

例えばホームレスでそこにいる人だって

ラッキーなんですよ。

 

まして皆さん、全然、あまり人生に

苦労してないとは言わないけど、

苦労してるでしょ?

 

その苦労って、例えば旦那さんの問題とか

子供の問題だったりすると、

それがあるということが

どれだけ幸せかってわかってますか?

って話なんですよ。 

わかってないんですよ。

 

 

どんな経験してもね、

OKって話なんですよ。

 

で、よく考えたら、

自分の経験て世界中でですよ、

過去から未来まで含めて

自分一人しか経験できないんですよ。

 

同じような経験する人はいるけど、

同じ経験をできる人は誰一人いないんですよ。

すごくない?

 

全宇宙で、たった一人だけなんですよ。

 

そしたら、どんな人生でもいいじゃん

って話なんですよ。

 

どの人生選んだって世界でオリジナリティがって

一人だけの人生だから、好きに楽しんだらって。

もう苦しいって人生充分味わったらみたいな(笑)

 

 

 

池川先生の話を聴いて、

自分の中にストンと落ちました!

 

スッキリすること、腑に落ちることは

自分にとっての真実です。

 

自殺って軽い (笑)

私は、これを採用!

 

ホント、スッキリしました。

 

あんなに深刻に思い悩んで、

自分を責めていたのが嘘みたいに

消えていくと同時に、自分の人生を

愛おしく思えました。

 

映画を観た方の感想がありました。

 

www.youtube.com

 

最後になればなるほど、

今の自分もすごく大事だけれども

周りで一緒に(映画を)観ている人も、

全部が、命が、大切だなぁって思えて、

みんなそれそれ(本当は)同じ思いをもっていて、

(周りを)良くしていきたい

自分が生まれることによって

世界を良くしたいって、みんな思ってる。

 

今(の私)は(それを)忘れちゃった大人だけど、

でも、全員がそれを思って生まれてきて、

全員が(本当は)思っているってことが、

本当に一人一人の命が大事だなぁって、

すごく思えたので、これをもっと身近なものに

いつも捉えていたいなってすごく思う

 

宝物を今日もらった感じがします。

映画の中から 😢

 

 

みんなホントは同じ思い。

 

私の人生に現れてくれた人々にも

心からありがとうと思いました。

 

私の中のモヤモヤがまた一つ解消され、

この映画に出会えたおかげで、

私、本来の輝きを取り戻せたような気がします。

 

ひとつひとつ神としての記憶を

取り戻す出来事が起こり、

様々な感情を感じる体験をくり返し、

観念の雲を突き破っていくゲーム。

 

人はタマネギの薄皮を向くように

変わっていくと聞いたことがありますが、

この頃(今から4年位前)は、自分もまさに

そんな状態だと感じていましたが、

今はA→αに飛べる時代だと関野あやこさんも

話していたので、決めればスピーディな変化を

体験できるのだと思います。

 

あの時、この映画に惹かれて心に従った結果、

私の心が軽くなったので、

今、この映画を知って心惹かれた方は、

宇宙からのギフトかもしれません。

 

 

池川先生の他の動画を見るだけでも

なにか変化が起こるかもしれませんよ。

興味深く、おもしろいです。

 

 

子供達は生まれる目的を持ってきていて、

その目的を果たすために、このお父さん

お母さんは最適だと思ったら来るそうです ↓

 

www.youtube.com

 

悲しそうなお母さん、辛そうなお母さんは、

子供から人気があるそうです。

 

「こんな怖いお母さんだと思わなかった。

 勘違いした」っていう子供もいるとか ↓

 

www.youtube.com

 

 

宇宙でたった一つの人生を歩んでいる

自分にブラボーですね☆

 

 

そして、自死遺児の方の心が

少しでも軽くなることを願っています。

 

自殺って軽いを採用して、

だから自殺してもいいよって話じゃなくて、

自殺はした方、された方にとって、

重いものではないという、

肉体を持った人間の視点ではなく、

魂の視点に立てると苦しみから

解放されると思いますということが

伝わると嬉しく思います。

 

お母さん、自殺できて良かったね

 

ご訪問ありがとうございます!

ブログを通しての

ご縁に感謝します♡

 

f:id:sudeniaru:20181203060143p:plain

 

人生にはまさかの坂があるんだってという母に

「まさか~」って笑っていたあの頃。

 

絶対、自殺はしちゃダメ!

そう言っていた母が自殺しちゃうんだから

人生ってわからないですね。

 

母が亡くなって、

心はポッカリ穴が開いたような感じなのに、

頭の中はパンパンに詰まってました。

 

何をしていても、答えの出ないことを

ずっと考えていました。

 

なんで死んだの?

私達は必要じゃなかったの?

 

すべては母がいなくなってから、

思い出すんです。

 

そういえば、あの時様子が

おかしかったなとか。

 

母と最後に会話を交わしたのが私だたのに、

お母さんを救えなかった

お母さんのアラームに気付けなかった

もっとお母さんの手伝いをして

負担を軽くしてあげていれば

死ななかったかもしれない…

あの時、こうしていれば…

あの時…

 

母がいた頃を思い出しては、

自分を責めていました。

 

こうして自分が自分にやっていること、

この場合、私が私を責めていたので、

誰かから責められる現実がきます。

父でした。

 

自分を責めていた上に、とどめを刺すように

「お前がいいお姉ちゃんだから母さんは死んだんだ。

お前がどうしようもなければ心配で、

弟をたくせないから死ななかったはずだ。」と。

 

全部私のせいなの?

 

お父さんが女作って浮気してたからでしょ💢と

口には出しませんでしたが、心で父のせいにしていました。

お互い自分以外のせいにでもしないと

生きていられなかったんだと思います。

 

そして、頼りたい父も家に帰らなくなり、

家族の心もバラバラ。

 

今更何を言っても思っても、

母は生き返らない。

 

こんなに苦しいなら死にたいと思いましたが、

家を出る数日前の夕飯の時に、

母が言った言葉が甦りました。

 

「何かあったら弟のことお願いね。

 〇〇(弟)のことが心配なの。」って。

 

心配なら自分で面倒見ればいいじゃんって、

私は軽く流してましたが、

あの時にはもう死ぬことを決めていたんですね。

 

その言葉が私の中に残り、

親孝行できなかった分、せめて母に託されたことは

しっかりやろうと決めていたので、

弟を残して死ぬことはできませんでした。

というか、死ぬ勇気もありませんでした。

 

このまま一生十字架背負って

生きていくなんて辛すぎる。

 

周りを見ると、同年代の友人は、

お給料のいい仕事して、遊びに恋愛にと

楽しんでいました。

 

私は、母が亡くなって、

父も女性の家で暮らすようになり

弟との3人暮らし。

 

一人は暴走族に入り、カンパカンパで

金をよこせ、無免でバイク乗り回し警察沙汰、

もう一人は未成年なのに酒飲んで騒ぎ、

働いたお金は持っていかれるは、

家に帰っても休まらない上に、

私も職場の人間関係にも悩み、

母のことで自分を責め続け、

今考えるとよくやってたと思います。

 

周りが羨ましい…

みんな私より幸せそうに見えました。

なんでこんな人生なんだろう…

 

この頃、私は宗教に入っていました。

 

なんで母は自殺したんですか?

幸せになるための宗教じゃないの?

と幹部にきいたら「あなたをこの宗教につけるために

お母さんは身をもって亡くなったのよ」と

言われて、なんだよ、それって。

 

その頃から、この宗教やってても

幸せになれないと心の奥底で

気づいていたんでしょうね。

 

バシャールの本に出会ったのが、

この頃ですから。

 

無意識なのか、魂は私に合った

本当の自分に戻れるツールを求めていました。

 

何をしても頭の片隅にある自責の念、

誰かにわかってもらいたくて

当時付き合っていた彼に話すも重いと言われ…

 

この思いを共有するには、私と同じように

母親に自殺された人じゃないとダメなのかな?

でも、それを私が願って叶うってことは、

そういう悲しい人がまた一人増えるだけ…

 

時間が経てば忘れると思っていましたが、

10年経っても苦しいままでした。

 

それはなぜか。

今の自分ならわかります。

 

悲しさ、寂しさの感情を

なるべく避けて感じないようにしていました。

 

浄化ワークのように感じ切るなんてしてないから、

感情がなくならず、いつまでも私の中に

あったんです。

 

津留晃一さんのことを知り、

津留晃一さんの姪にあたる井瀧裕子さんの

個人セッションを受けに行ってから

 

ここに書きました。

 

www.kansya888.com

 

感情を感じれるワークのやり方がわかり、

母への思いや感情を手放しました。

 

中途半端にではなく、

よし、これを感じ切ろう!と

腹を決めました。

 

わんわん泣きながら、悲しみ、寂しさ、

なんで死んだのという思い、

感じすぎて頭が割れそうになること数回。

 

何日も何日もいろんな思いや感情を手放し続けると、

心が楽になっていくのがわかりました。

 

この世界は二極の世界だから、ポジティブもネガティブも

両方の感情を体験しに来ていると

津留さんが話してました。

 

ここに書きました。

 

www.kansya888.com

 

それまでの私は感じたくなかったんです。

あんな悲しいのはもう嫌だ

苦しいのはもう嫌だって。

 

でも、M2テクニックで自分の中にある

感じたくない感情に真っ向から向き合っていくと、

感情が小さくなっていくのを体験できました。

 

今までもM2テクニックで、

色んな思いや感情を手放してきましたが、

M2テクニックをやって手放し終わると、

自分の立ち位置が変わるというか、

物事をAという視点から見ていたのに、

感情がなくなると、いつもまにかBという視点から

見れるようになっているんです。

 

手放す前は、自殺され残された家族だったのに、

いつのまにか母の立場にいました。

 

自殺するって、相当なことだと思うんです。

 

でも母は、死にたいくらい苦しかったんですよ。

死にたい、死にたいって。

こんな状態なら死んだ方がマシだって、

自らの死を選んだわけです。

私が母の立場なら、死なせてほしいと思えました。

 

死にたい!が叶った。

母の視点から見たら、これ願望実現ですよね。

 

母は死にたいくらい苦しいことから

解放されたんだと思ったら、

思わず言ってました。

 

「お母さん、自殺できて良かったね」って。

 

f:id:sudeniaru:20190117222407j:plain


あんなに苦しんでいた自分が、

こんな風に思えるようになるなんて。

M2テクニックやる前にも想像もしませんでした。

 

今までは残された家族である私の視点で

物事を見ていました。

 

母がいないのは、

私が寂しい、

私が辛い、

私が苦しい、

私が耐えられない。

 

私がこんな感情を味わいたくないから

お母さん、生きててよって。

全部、私側からの思い。

 

でも、私が母の立場だったら、

死ねてうれしいだろうなって。

やっと死ねた~って。

 

残された家族のことを考えられるくらいなら

自殺しないですもんね。

 

死なずに肉体はあったとしても、

精神では自らを殺しているわけですから

死んでるも同然。

 

M2テクニックをやる前と違う視点から

自殺を見れるようになって、

今までグレーがかって見えていた世界が、

霧が晴れたようになって、

空ってこんなに青かったの?って。

 

木々も建物もキラキラ輝いて、

今までと別世界のように見える、

感じるようになりました。

 

このM2テクニックは、

万人向けではないと思いますが、

どんなツールを使っても、感情を感じ切ると

自分の中からなくなります。

 

悩んでいることって、悩んでいる視点ではなく

違う視点から見えるようになった時

あれ?何だったの?ってなります。

 

八方塞がりに感じる時って、

実は下と上は開いていて、

八方ではなく十方だと聞いたことがあります。

 

悩み続けて周波数低くして下に行っては

解決できないと思いますが、 

高い視点から見えれば、解決策や、

こういうことだったのかと気づけると思います。

 

視点が変わるのは、ツールを使わなくても

誰かの言葉からの気づきでも

起こると思います。

 

ヒントや答えは案外身近にあるのかも。

 

あれから何年も経った今思うことは、

私の中に絶望感、無価値観、悲しい

寂しい、必要とされてないという

周波数があったから、それを感じるために

母の自殺が起こったのかなと。

 

まさに現実があなたの中に、

そういった周波数がありますよって

教えてくれていました。

そして、それを手放しますか?って。

 

母がいなくなった頃は、

手放し方がわからなかったけど、

わかった時が私の中で手放す

タイミングだったんだと思えます。

 

そして、それらの感情を私は、

この地球で感じたかったと今なら思えます。

 

またいくら死にたいと願っても、

魂がもう肉体を脱ぐと決めない限り、

死ねないと聞いたことがあります。

 

母が死ねて肉体を脱げたということは、

魂が望んだことだと私は受け取りました。

 

もし自死遺児の方が、これを読んでいたら、

こんな感情を味わいたいなんて、

自分が望むわけがないと

怒りがわくかもしれません。

 

その気持ちよぉーーくわかります。

私もずっーーと思ってましたから。

 

でも、色々感じ切って手放していった今では、

地球でしか味わえないこのネガティブな感情を

感じにきたという方がしっくりきます。

 

きっと、タイムラグを経て

私と同じ気持ちになるはず。

 

なぜなら、あなたは過去の私だから。

 

色々感じ切った今感じるのは、

お母さん、ありがとうです。

 

そして、何より今日まで生き抜いた

私にありがとう♡

 

 

自殺編、もうちょっと続きます(^_^;)