Heart is filled

藤川清美さんの潜在意識勉強会 ②

 

ご訪問ありがとうございます!

ブログを通しての

ご縁に感謝します♡

 

f:id:sudeniaru:20181203060143p:plain

 

 

藤川さんの勉強会の続きです。

 

  

〈夢の期日を決める〉

 

3ヶ月で叶えたいとき、

2ヶ月目でマイナスに思ってしまっても、

大丈夫とあきらめないこと。

 

ダメだぁと思っても、

障害だと捉えて乗り越えると思うこと。

 

叶えたいと思う夢に価値がないと、

ギャフンとしたことが起きたとき、

やっぱりこれぐらい叶えばいいかと

夢を下げてしまう。

 

これが習慣となり

下げることがクセになってしまう。

 

夢を書くときに、

本当に叶えたい夢なのか真剣に考えること。

 

真剣な夢なら下げることもしないはず。

 

 

〈期日を決めても叶わないとき〉

 

例えば、3月1日と決めていても、

4月か5月になるかもしれない。

 

それでも、叶うまであきらめないこと。

 

思えば叶う!

 

 

夢を叶えるにあたり、

達成しない習慣をつけることが怖い。

 

簡単に夢を決めるから、

簡単にあきらめることになる。

 

 

今の自分とまったく違う自分になるわけだから、

真剣にやること。

 

夢の大小によって、

真剣さが違うのはダメ。

 

何のときでも、

真剣になることを身をもって学ぶ。

 

 

マンションの抽選など、

受かると決める。

 

すでに入居していることを

イメージすること。

 

最後の最後まであきらめない。

 

あきらめ上手にならないこと。

 

思いを強く持つこと。

 

人生は1回だと受け止めたらいい。

 

ワクワクする夢を持とう!

 

 

自分が思った通りの人生を歩んで行く。

 

マイナスを思えばマイナスになる。

 

プラス思考で行く。

 

こうなったらどんなに素敵か、

ワクワク感で実現させる。

 

体験を出すことが大事!

 

小さなことから叶えて、

体験を積んでいけばいい。

 

自分が決める。

 

人と比較することはない。

 

 

お金が欲しいとき、

この夢を叶える為の

お金という考え方にする。

 

 

自分を中心に生きた方がいい。

 

私は、こういう人生を歩みたい!と決めれば、

自分の納得がいく人生になる。

 

誰かの人生のために生きると

自由がなくなる。

 

世間体とかプライドはどうでもいい。

 

なりたい自分になる。

 

 

夢を叶え始めるとき、

初めは自分の

コンフォートゾーン

(居心地の良いゾーン)が低い。

 

夢を叶え格の違う幸せを持つために、

自分の生き様のゾーン、

心のゾーンを高くしておくこと。

 

今の自分は仮の姿。

 

なりたいゾーンの自分をイメージする。

 

自分がどうなりたいか。

 

 

自分自身が、こうなりたいと

宇宙に投げかけておけばいい。

 

そうすると宇宙は命令に従う。

 

コンフォートゾーンを高くするには、

常にイメージするといい。

 

 

人生は波のようなもの。

 

上がるときもあれば、

下がるときもあると心しておくこと。

 

 

自分自身に問いかけた問題で、

解決できないことはない。

 

問題を同じ方向、方面から考えると、

いい答えもでないし解決できない。

 

色んな方法で考えればいい。

 

発想の転換。

 

脳みそに汗をかくぐらい考えれば、

答えがバーンと出てくる。

 

問題は、自信の心で解決できる。

 

こういう体験で、

ひと回りもふた回りも成長できる。

 

問題を抱えても大したことはない。

 

悩んでいるのは、暇な人。

 

 

人に相談するときは、

ヒントをもらうスタンスで。

 

ヒントをもらうだけ。

 

その答えがすべてではない。

 

 

どういう人生で歩んでいきたいかを

真剣に決めること。

 

何となく生きていては決められない。

 

本当に自分が素敵な人生を生きたという

人生にしないともったいない。

 

 

夢を叶えるには、

健康状態もベストにしておかないとダメ。

 

心の状態、体の状態、経済の状態、

3つのバランスをとった成功のために、

バランスのとれた生活を心がけること。

 

 

 

そう話す藤川さんは、背筋がピンとして、

無駄な贅肉もありませんでした。

 

体重も52キロだったかな?

 

自分の体重も何キロと決めているそうで、

太ってもちゃんと52キロに

戻ると言ってました。

 

また「私に老眼はない!」と決めたそうで、

もちろん老眼もなく、

心も体もバランスが取れている印象でした。

 

藤川さんは、駅で杖をついて歩く

同級生の姿にショックを受けたと話してました。

 

私もお話を聞きながら、

無意識に歳をとれば体のあちこちが

悪くなると思っていたことに気づき、

改めて自分がどうなりたいかを

設定することの大切さを感じました。

 

確かに、お金があっても、

健康でなければ人生は楽しめないですよね。

 

藤川さんのように「老眼はない!」

と決めるのはいいなと思いました。

 

40代になったら老眼になる…

これって本当でしょうか?

 

そう思っているから、

そうなっているだけだと、

実証済みの藤川さんが

そう思わせてくれました。

 

体験がある人のお話は、

パワフルで説得力があります。

 

体験したことを語る。

 

そんな人に私もなりたいと思いました。

 

より詳しい体験談を知りたい方は、

藤川さんの本を読んでみてくださいね。

 

 

ストン!―あなたの願いがかなう瞬間

 

続 ストン!

 

続きます 。