Heart is filled

藤川清美さんの潜在意識勉強会 ④

 

ご訪問ありがとうございます!

ブログを通しての

ご縁に感謝します♡

 

f:id:sudeniaru:20181203060143p:plain

 

 

藤川さんの潜在意識勉強会に参加して、

得ることや気づきが多かった私にとって、

1500円の会費とコーヒーとお菓子付きは、

ありえないくらいお得でした。

 

こうして、みんなに豊かになってもらいたいと、

自他ともに栄えるために行動する人を、

更に宇宙は応援するのでしょうね。

 

自分だけ成功すればいい、

自分だけ豊かになればいい

というのではなく、

自分もよかれ、みんなもよかれ

というあり方は素敵ですね。

私も見習います。

 

 

さて、続きです。

 

 

夢を叶えるには、

書かなくてもイメージできれば大丈夫。

頭の中で描いたことは叶う。

 

 

自分の好きな世界を描く。

人の判断は関係ない。

 

 

自分の心に正直に、本当の自分は

こうしたいのだという思いでやる。

思った通りの人生になる。

 

 

藤川さんは、料理は上手な人が作る、

子供の世話もしない方が才能を伸ばせる、

法事や病気の見舞いも、

嫌いだから行かないと決めているそうです。

 

本人にはいわないけど、

自分の中で法事などは、

旦那さんの当番だと思っているので、

実際に旦那さんが行っているそうです。

 

さすが、人がどう思うと構わない

藤川さんですね。

 

常に自分中心。

自分はどうありたいか。

 

 

過去にあったことは、

あなたの未来にとってみんなベスト。

未来は、自分の心の中にある。

 

 

過去の後悔ばかり、

未来に対しての不安ばかりではなく、

思い方をプラスにするクセをつける。

 

 

自分はダメだと思わない方がいい。

周りが勝手にダメだと

言ってくるかもしれない上に、

更に自分もダメ出しするのは

やめた方がいい。

 

 

心に思ったことはすべて叶う。

年とったからダメなんだと

思わない方がいい。

 

なりたい自分を

1日も早く発見すること。

 

こういう自分になったら最高だ!

 

潜在意識で自分を磨き、

自由自在の人生にしよう。

 

 

藤川さんが、月収100万に

なりたいと考えたとき、

おもちゃの札束を買って、

朝晩数えたそうです。

 

年収1億円を叶えたいと思ったとき、

たまたま新聞にトランクケースに

1億円が入った写真が大きく載っていて、

それを大きなスケッチブックに貼って

眺めていると言ってました。

 

実際に作成したスケッチブックを

会場で見せていただきました。

 

こうして毎日自分の心に落とし込むこと

(すり込み術と言ってたような?)

イメージし続けて、

やり続けることが大事なんですね。

 

 

人と付き合うときは、

過去のことを言う人、

未来のことを言う人なら、

未来のことを多く話す人と

付き合いなさい。

 

未来こうなりたいと

話す人といる方が価値がある。

 

 

簡単にあきらめるのは、

夢を簡単に決めるから。

真剣に考えること。

 

 

方法論ではなく、

どんな心で挑むか。

 

 

一番は自分がどうなりたいか。

 

決めるということは、

本当は大変なこと。

 

本当に、私はこれ!と決める。

 

決めたらブレないこと。

 

 

自分との対話は簡単だけど、

心は6分で変わる。

 

真剣に考えること。

 

 

ダメそうなものほど、

チャレンジしてやればいい。

 

 

絶対!!という思いでやることが大事。

 

 

心ひとつの置き所。

前向きな心を持つこと。

 

 

藤川さんは、夢を10年くらいの計画で

考えるといいと話してました。

 

ご自身も、26歳までに3人産むと決め、 

40歳で女社長になり、

月収1000万になると

決めていたそうです。

 

その時に、今の師匠となる

酒井満さんと出逢い、

酒井さんから【信念の魔術】

という本を教えてもらい、

既に潜在意識で叶えていた

酒井さんの言うことを素直に聞き、

実践して夢を叶え続ける人生となったようです。

 

 

酒井満さんのブログです ↓

 

ameblo.jp

 

 

【信念の魔術】私は新訳の方を買いました!

 

【新訳】信念の魔術―――人生を思いどおりに生きる思考の原則

 

 

信念の魔術

 

40歳で女社長になるまで、

ミシンを踏むパートをしているときも、

将来は仕事で海外に出たいと

思っていた藤川さんは、

ミシンを踏みながら「海外に出る」

「海外に出る」と言い続けていたそうです。

 

 

話を聞けば聞くほど、

夢に対するあり方が

自分と全然違うんです。

 

藤川さんは【夢は叶うのが当たり前】で、

私は【夢は叶わない】という前提で

生きていました。

 

そして、更に私には、

あきらめグセがついているという…( ̄д ̄)

もう叶える以前の問題でした。 

 

藤川さんの意識は、

常になりたい方に向いていて、

現状は関係ないし語らない。

 

マイナスを言わないし、

そういう環境に身を置かない。

 

夢を叶えるために徹底して

日々過ごしていると感じました。

 

 

勉強会に参加した時に、

話をきいて終わりではなく、

小さなことから叶えて体験していくことが

大事だと教えてもらったので、

早速、私は実践することにしました。

 

自分でやらなければ

意味がないですもんね。

 

 

真心でお話してくださった藤川さんには、

この場をお借りして感謝です。

ありがとうございました!

 

 

次は、実践編です。