Heart is filled

何でこんなことされるの~を終わらせる ①

 

ご訪問ありがとうございます!

ブログを通しての

ご縁に感謝します♡

 

f:id:sudeniaru:20181203060143p:plain

 

 

前回、「したことはされる」という

循環の法則を知り、

自分がいい人だと思って生きていたことは、

とんでもない勘違いだったと書きました。

 

 

「何でこんなことされるんだろう」

とよく言ってましたが、

この言葉の前には

「私は悪くないのに…」

がついていたんです。

 

 

ということは、

 

 

私は悪くないんだから、

あなたが変わりなさいよ!

 

 

ずーーーと、

こうして生きてきたわけです。

 

 

自分を変えずして、

相手を変えようとしていました。

 

周りを自分の思うように

変えようとしていました。

 

これ、自分が逆の立場だったらどうですか?

 

思い通りにしたいと思っている人と

関わって生きる…

考えただけで息が詰まりますよね。

 

 

「したことがされる」ということは、

自分がどんな思いで

(それに伴う行いも含め ) やったのか、

それが循環し、自分に返ってきます。

 

 

私が周りに対して

思い通りにしたいという「思い」

接していたので、返ってくる現実は、

周りから思い通りにされる

自分が周りに思い通りに動かされる

ということになっていました。

 

 

 

私は、コントロールしたい

     ↓

周りに、コントロールされる

 

 

悪いのは、先に思い通りにしたい

と思っていた私じゃん

 

 

f:id:sudeniaru:20160514142754j:plain

「あーぁ」

 

 

 

この本には、負のループから抜ける

方法も書いてありました。

 

 

ココロを開くアイコトバ LOVE YES PEACE

 

 〈 悪い循環を断ち切るには

 「やめる」こと 〉

 

 

 

続いている悪循環を断ち切る方法は、

唯一「やめる」という行いだけです。

 

戦争はどこかよその国で起きているのではなく、

今わたしたちの身の回りで起きています。

 

家庭で、会社で、学校で、

戦い、責めあい、苛め、

蔑ろにし、奪い、恨み、

罵り合っている行いを、

今すぐにやめることです。

 

すべて必ず返ってきます。

 

もしも誰かに脅かされたり、

そうせざるを得ないという苦しい状況で、

暴力をふるったり、

傷つけたりしているとしても、

自分がしたことは自分に返ってきます。

 

理由がどうであっても、

すべての自分の「思い」と

「行い」の責任は自分にあります。

 

どうかそのことをよく考えてください。

 

また、いつか傷つけられた「思い」が

癒されないからといって、

誰かや何かを傷つけていたら、

いつまでもあなたが傷つけられてしまうのです。

 

やめる勇気、断る勇気が必要です。

 

自分を変える努力は、

今その場所から始めるしかありません。

 

 

 

あなたが愛を与えた相手が、

あなたとはまったく

同じ愛を返してくれなかったとしても、

傷ついてしまっても、

愛を与えることをやめないでください。

 

傷つくとこを恐れないでください。

 

あなたが与えた愛はかならず、

あなたのもとに返ってきます。

 

返ってくるようになればなるほど、

傷ついたことも全部ありがたくて、

他のことはもうどうもいいわ、

って気持ちになるほどになります。

 

相手を思いやり尊重し、大切にすれば、

あなたもそうされるようになるわけです。

 

循環の法則によって。

 

これはどんな保険よりも確かなことです。

 

           

わたしたちが与えている「思い」は、

創造のエネルギーですから、

その「思い」に叶った現実を

創るために使われます。

 

あなたの小さな「思い」

( それに伴う行いも含め ) が、

今この瞬間にも世界を創っている

ということを意識してください。

 

そうすれば、どんな「思い」を

込めて何をすればいいのかが、

自然とわかってきます。

 

何かを行うときには、

ずそれをすることによって

自分に何が返ってくるか、

ということを考えてみてください。 

 

どんな「思い」でそれをするかが大切なのです。

 


自分が、

 

1 誰・何に対して

2 どんな「思い」をこめて

3 何をしているか

 

 

ということに意識的になりましょう。

 

自分が与えている思いと行いを知ることは、

自分が創り出している循環を知ることです。

 

循環がわかれば、

自分に何が返ってくるのかもわかりますし、

それがわかれば、やめることができます。

 

 

私は、この循環の法則を知ってから、

日頃の自分の思いや行いを

客観的にみることを常に心がけました。

 

 

続きます。