Heart is filled

藤川清美さんの師匠 酒井滿さん 

 

ご訪問ありがとうございます!

ブログを通しての

ご縁に感謝します♡

 

f:id:sudeniaru:20181203060143p:plain

 

 

このブログの初めの方に

藤川清美さんの

【新人用 潜在意識勉強会】

のレポを書きました。

 

その後、藤川さんの師匠である

酒井満さんのことを

書こうと思っていたのに、

すっかり忘れてました。(^_^;) 

 

 

私は、藤川さんの師匠が

酒井さんということを

勉強会後に知りました。

  

 

酒井満さんの潜在意識の体験談を

おなすさんのブログで知りました。

 

 

onasu.exblog.jp

 

onasu.exblog.jp

 

 


3ヶ月で、しかも

条件通りの結婚相手を

潜在意識で見つけるなんて

すごい!!

 

 

酒井さんのお話を聴いてみたくなり、

早速行きました~! ↓

サカイオフィス(公式サイト)

- 夢を実現する潜在意識セミナー

 

 

藤川清美さんの勉強会の少し後に、

酒井さんのセミナーに行きましたが、

正直、何を言っているのか

全然聞き取れませんでした (^_^;)

 

私は後ろの方でしたが、

マイクの声がこもっていて、

周りの方も聞き取れなかったのでしょうか…

見回すと寝てました (笑)

 

酒井さんの場合は、

聴くよりブログで読んだ方が

わかりやすいです。

( 酒井さん、ごめんなさい )

 

 

その潜在意識セミナーに

初めて参加すると、

「愛する妻」という

小冊子がもらえるんです。

 

 

そこには、上のおなすさんのブログに

書かれていた結婚相手を見つけたお話や、

他にも「すみちゃん」など、

おもしろい体験談がありました。

 

 

私がセミナーに行った頃は、

サカイオフィスから、

小冊子を購入することができたので、

既に何冊か買って友達に配っていました。

 

また買えばいいやと思っていたら、

今は販売はせず、

セミナー初参加の方に

配る形のみなったようで、

また読み返したいのに手に入らず、

友達に返してとも言えず…残念です。

 

 

酒井さんは、結婚相手に

望む条件を3つあげました。

 

 

(1) 20歳

(2) 視力が両眼とも1.5

(3) 自分の言うことに

 「ハイハイ」と従ってくれること

 

 

この条件をまとめて、

1つのキーワードにします。

 

このときに、

2~3日真剣に考えるそうです。

 

この3つの条件を

1つの言葉で表すには、

何がいいだろうと。

 

考え抜いて考え抜いて

「愛する妻」と決めます。

 

その「愛する妻」を

10回 ( 10個 ) 書いた紙を見ながら、

朝晩「愛する妻」と唱え続けるわけですが、

「愛する妻」の言葉の中には、

3つの条件がしっかり含まれているわけです。

 

このキーワードを作るときに、

簡単に決めないと言っていました。

 

真剣に考えたキーワードだからこそ、

「愛する妻」と唱えるたび、

酒井さんの潜在意識の中には、

3つの条件もインプットされるのでしょう。

 

ちなみに、藤川さんも同じ方法で

結婚相手を見つけましたが、

藤川さんのキーワードは

「都合のいい夫」でした。

 

酒井さんは、期限は3ヶ月と決め、

お酒を飲んでどんなに酔っ払おうが

何だろうが、毎日やり続けます。

 

 

酒井さんは、

「人間万事塞翁が馬」

ということわざをあげていました。

 

 

 

◆人間万事塞翁が馬

(じんかんばんじ・さいおうがうま)とは


 
 


中国の北の方に

占いの上手な老人が住んでいました。

 

さらに北には胡(こ)という

異民族が住んでおり、

国境には城塞がありました。


ある時どういうわけか、

この辺の北の地方の馬は良い馬が多く、

高く売れるので近所の人々は

気の毒がって老人をなぐさめに行きました。

 

ところが老人は

残念がっている様子もなく言いました。


「このことが幸福に

 ならないとも限らないよ。」


そしてしばらく経ったある日、

逃げ出した馬が胡の良い馬を

たくさんつれて帰ってきました。

 

そこで近所の人たちが

お祝いを言いに行くと、

老人は首を振って言いました。

「このことが禍(わざわい)に

 ならないとも限らないよ。」


しばらくすると、老人の息子が

その馬から落ちて

足の骨を折ってしまいました。

 

近所の人たちがかわいそうに思って

なぐさめに行くと、

老人は平然と言いました。



「このことが幸福に

 ならないとも限らないよ。」

 

年が経ったころ胡の人たちが

城塞に攻め入ってきました。

 

城塞近くの若者は

すべて戦いに行きました。

 

そして、何とか胡人から

守ることができましたが、

その多くは戦いで死んでしまいました。


しかし、老人の息子は

足を負傷していたので、

戦いに行かずに済み無事でした。  

 

--------------------------------------------------------------

 
「良い、悪い」というのは、

その人の心の中にあるもので、

どこかに在るものではない

ということなんですね。



「これを幸福だと決めたら、

 次に禍が起こる」老人は、

そのことを知っていたわけです。

 

良いも悪いもなく、

あるのはただ「ご縁」だけ。


さて、この縁とは一体どんなものなのか・・

 

縁というのは、

さまざまな「条件」が

揃ったときに起こります。

 

雪が頭の上に

ひらひらと落ちてくる。



ただそれだけのことでも、

雪が降るための様々な気象の条件と

それが頭に当たるという

その人の条件が重なり合って、

はじめて起こることです。


もし、これが雪ではなく、

雹(ひょう)だったら・・

 
あいたたたたあ!!!

なんだ、なんだ? 

ほんと俺はツイテない人間だな

・・とほほほ

となるわけで。 



本来、雪も雹も、

どちらもただの縁であって、

それを「禍」(わざわい)としているのは、

その人の心なんですね。

 

 要するに、

「禍」という心の条件が、

「禍」という出来事と、

縁を結んでいるわけです。


ですから

「禍」を避ける方法は、

ただひとつ。

 

「禍」を創造している

思い込みを落とすことです。


多くの人は「禍」を避けるために、

もがきながら生きています。

 

この人と別れることになったらどうしよう・・ 

リストラされたらどうしよう・・ 

病気になったらどうしよう・・ 

死んだらどうしよう・・


その「どうしよう」が、
そのまま「禍」という現実を

創造しているわけです。

 

 出来事に貼っている

「良い悪いのラベル」を落としていくと

 

「人間万事塞翁が馬」の老人のように

いちいち出来事 ( 縁 ) に

振り回されることがなくなります。

 

ご縁の話:本当の自分へ還る旅

~心の青空へ~より

 

 

人生における

幸不幸は予測しがたいということ。

 

幸せが不幸に、不幸が幸せに

いつ転じるかわからないのだから、

安易に喜んだり悲しんだりするべきではない

というたとえです。

 

  

酒井さんは、良いことが起きても

悪いことが起きても

一喜一憂しないそうです。

 

この一喜一憂しないって、

結構難しくないですか?

 

私は、しょっちゅう

想定外のことが起きると、

「もう無理だぁーー」

と落ち込んでましたから。

 

そして、諦めグセがついて、

いつまでたっても

夢が叶わない人生になるという…

 

 

酒井さんも、この出来事である

縁についても書かれています。

 

ameblo.jp

 

 

『因』があっても

『縁』がなきゃ

絶対に『果』にはならないの

 

言いたいことは、

欲しい欲しいって

目標書いたって、

口に出したって、

『縁』が起きなきゃ

ダメだっていうことよ

 

簡単に言えば、

自分の目標を

叶えてもらうには、

いろんなものに

助けてもらうことなんだよ

 

そのために、いろんなものと

仲良くなっておくことだよ

 

いろんなものって、

人も生き物も、

草木も空も、社会も、

体も、いろんな事柄も、

ま、ひっくるめて

森羅万象って言うんだけどね

 

 

だから、

誰に対しても

非難をしたり、

怒ったり、

嫉妬なんか、

以ての外だよ

 

 

潜在意識を使って、

なにか実現したいなら、

これがものすごく

大事なことだと思います。

 

いくら、潜在意識に擦り込むことをしても、

それ以外の時間に、

誰かのことを批判したり、

怒ったり、悪く言ってたら、

効果はありません。

 

私は、まさにこれをやっていました。

 

非難しているときは、

全然叶いませんでした。

 

 

観念浄化を知り、

自分の中の観念や

感情を手放していくと、

周りに対しての批判なども

減っていきました。

 

その状態で、

こうなったらいいなぁ~と思うと、

叶っていくことが増えていきました。

 

 

そして、これ ↓

 

ameblo.jp

  

 

書いたら叶う、
口に出したら叶うってのは
潜在意識の勉強でも
初歩のことで、
自分の思いの実現を
邪魔しているのは、
他でもない
自分自身だって気がついて、
そのブロックを外して
自分を解放して
自己実現の道を歩むのが
潜在意識を学ぶ
ってことが大切なんだよ
 
10年20年あるいは
30年潜在意識を勉強したって、
そこんとこが分からない人が多い
 
 
勝ち負けにこだわったり、
嫉妬したりすることが、
いかに破壊的な
行為かってことも
理解しなければ、
潜在意識を学んでいる
うちには入らない

 

人は大抵過去に引っ張られて
生きている。
 
つまり知らず知らず
ブレーキを踏んでいる。
 
意識では願望をもって、
一生懸命やっているつもりだけど、
潜在意識では、
私は無理だとか人脈がないとか、
年だとか、お金は汚いものだとか、
言えばきりがないほど、
願望達成に否定的な
有害な考えに汚染されている。
 
それらはすべて
オギャーと生まれてから、
今までの経験から
意識に上ってくるものだよ。
 

 

私は、否定的な考えなどを

観念浄化で手放していきました。

 

また、酒井さんは、

潜在意識を使っている人で、

勘違いをしている人が多いと

ブログのどこかで書いていました。

 

 

ameblo.jp

 

 

イメージトレーニングとか、

瞑想しているとかいっても、

 

それ以外の

圧倒的な時間に

何を考えているか

 

大切だと

気がつかないといけない。

 

 

或いは、

 

結婚している方は、

夫婦で日常

何を話しているか

 

気づかなくてはいけないよ。

 


それがいい加減で、

瞑想やってる

イメージしてる

って言われたって、

何か勘違いしてるんじゃないの?

と言いたくなる・・・けど、

これが、人の常。

 

わからない人は、

永久に分からない(>_<)

 

 

これは夫婦に限らず、

友達との会話や

自分がいつも発している言葉

ともいえますよね。

 

酒井さんのブログを読むと

わかると思いますが、

奥様さまの茂代さんと

ミーティングと題して、

よくカフェでの会話が書かれています。

 

酒井さんたちは現実を語らず、

これからどうしたい?

とお話しているんです。

( 会話というより、

 酒井さんが未来像を

話している方が多いかな )

 

 

こんな風に、

未来こうなりたいねと会話しながら、

カフェで過ごしている夫婦って

素敵だと思いませんか?

 

私は、まさにこれが理想です!

2人で人生の創造を楽しむ、

なんて素敵なんでしょう ♪

 

私もこんなパートナーと

これからの人生を生きたいので、

宇宙にオーダーを出しました。 

 

 

話がそれましたね (^_^;)

 

こんな風に、

イメトレしている時間以外に

何を考えているかが大事なんです。

 

酒井さんは、

否定的なことを言わないようにしたり、

身を置く環境、関わる人間関係も

意識しているんです。

 

酒井さんは、貧乏人とも

握手はしないと言っていましたし、

藤川さんもネガティブな人を周りに置かない、

貧乏そうな場所へは

足を運ばないようにしています。

 

日常のすべてを、

夢を実現するために意識して、

初めて潜在意識が活用できる、

潜在意識を使っている

と言えるんですね。

 

 

だから「夢は実現する」ではなく

 

「いつもいつも

    考えていることが

 実現する」

 

 

昔、夢を実現したダンサーの体験談にも

同じことが書かれていました。

 

よく人は、夢を実現するために

祈るというけれども

その祈っている時間と

それ以外の時間、

どちらの時間が多いのか。

 

祈っている時間以外に、

ネガティブなシナリオを

頭で描いているならば、

思考量が多い方が実現するよと。

  

 

自分の日常考えていることを

意識してみると、

それが叶って、

今目の前の現象として

現れていることに気づくと思います。

 

逆に言えば、

目の前の現象を見れば、

自分が何を思考しているか、

どんな観念をもっているかが

わかるということです。

 

現実は自分が何を考えているのかに

気づく為に使うんです。

 

  

 酒井さんのカフェでの会話がありました。↓

 

ameblo.jp

 

 

確か、この後、酒井さんは、

この会話で話していたような間取りの?

いや以上広いマンションを手に入れています。

  

 

お金があろうが無かろうが、

それにとらわれるないで、

何を体験したいのか、

どうなりたいのかに

思いをはせるのが

潜在意識的な生き方。

 

  

想像が先なんだよ

 

 

思考が先、意識が先、

現実が後なんですよね。

 

 

 そして、最はこちら ↓

 

ameblo.jp

 

 

ある禅家が

「あの世は思ったら

 直ぐに叶う世界だけど、

 この世は思っても

 直ぐに叶わないようになっている。」

と言っている。

 

だから、この世は面白い。

思ったことが次々叶ったんでは、

生きてる意味がないと。

 

ぼくは、その通りだと思う。

 

 

言われてみれば、

確かにと思います。

 

思った通りになるなら、

生きている意味ないですもんね。

 

私たちは、すぐに叶わない

この世界を体験しに来ている!

 

 

私も改めて、日常の

自分のあり方を意識していきます。

 

 

いつもいつも

自分が何を

考えているかを

意識する

 

 

これをやってみると、

自分の思いが

既に叶っていることに

驚くと思いますよ。

 

数年前にやってみたら、

マイナスな思いが、

見事に叶っていたことに

唖然としましたから (ノ´∀`*) アハハ

 

 

先人の知恵に学び、

私たちも制限なく夢を描き、

実現して人生を楽しみましょう!

 

 

20億円のビーチサンダルを履いた男 酒井滿の潜在意識とネットワークビジネス