Heart is filled

麻ふんどし


ご訪問ありがとうございます!

ブログを通しての

ご縁に感謝します♡

 

f:id:sudeniaru:20181203060143p:plain

 

 

続きです。

 

こよみ屋-麻ふんどしの科学より

 

ノーパン健康法というのが、あるぐらいだから、

パンツを履くことによって、

何かが押さえつけられているということの証である。

 

リンパや神経系を締め付け、

循環し難い体質にしているということもいえる。

 

極めつけは、パンツを履いていると

免疫力が20倍も落ちるという研究報告である。

 

これを知ったら、日本人として、

もうパンツは履けない。

 

太陽のリズムに合わない。

月のテンポにも合わない。

惑星の周期にも合わない。

それになにより、格好悪し。

 

パンツを履かされる前、

日本人の股元は 、太古の時代から

「ふんどし」によって守られてきた。

 

「ふんどし」の語源は、「運通し」である。

 

水も流れが止まれば腐る。

お金も流れていなければ意味がない。

 

森羅万象、自然は、

すべてが移ろい往き流れているのだから…

生命の法則を股元で結ぶ、褌の光明科学は、

最強の御利益を秘めているのだ。

 

日本文化の神髄をあらわす神の社。

神社に参ると本殿の中央には、鏡があり、

自分自身が神様の反映として、

天うつしされております。

 

カガミとは、神の中にある我の意であり、

このことから、究極的には

「身体は神社」であるとわかります。

 

身体が神社であれば、パンツは御法度。

パンツでは、神社の御利益、

御加護は発動しません。

 

麻褌によって、結んで開く、

快適で豊かな生命活動があたりまえのはず。

パンツを履いたサルから麻褌を結んだ人に、

いよいよ、進化が始まります。

 

明治維新の時、日本をひとつにするため、

勇気ある志士たちが脱藩したように、

地球維新のこの時、

世界がひとつとなるためにも、一刻も早く、

脱パンすることが求められているようです。

 

【麻褌】は、アセンションの時代を乗り切る

最高のテクノロジーなのである。

 

 

中山さんが、素材はヘンプ100%が最適で、

ふんどしは、足を床から話すことなく、

大地を踏みしめたまま装着でき、

丹田の位置で紐を結ぶことによって、

身体にエネルギーが満ちると話してました。

 

早速、布地を買いに行き、

ヘンプ100%は無理でしたので、

麻を何種類か買い、ふんどしを縫いました。

 

縫いながら、私、ふんどしを売るようになるのかなぁ

なんて思っていたのも束の間、

段々疲れ、飽きてきて、

数十枚作って終了。

 

ふんどしを作りたい衝動が起きて作ったものの、

なぜか自分で身に付けることにはワクワクせず、

結局、作ったふんどしを

弟が試着することになりました。

 

それ以降も、ふんどし作りたいという気持ちにならず、

あっという間に、ワクワクさん去る (笑)

 

 

で、どうなったか・・・

 

 

弟が!

脱パンしました~!!

 

 

f:id:sudeniaru:20180808175108j:plain

※TeRAYA×V・ファーレン長崎選手

 

ヘンプ100%じゃなくても、

ふんどしは気持ちがいいようでした。

 

「オレ、もうパンツ履けない」

まさか、弟の方がアセンションしちゃうの? (笑)

 

なんだ、この結末 ( ˙◊︎˙◞︎)◞︎

 

その後、今度は布ナプキンに心惹かれ作り出し、

はい、これも数十枚で作る気失せましたぁ σ( ̄、 ̄=)・・・

 

ふんどし作り、布ナプ作り、ワクワク続かず。

 

自分のワクワクが続かないので、

ワクワクを実践している人から話を聴いてみたくなり、

何人かで自主製作映画を作ってる方々の

上映会&お話会に参加しました。

 

自称ワクワクに生きると言っていた方々に

直接お会いして、お話を聴いて、

在り方に触れると、

本当のワクワクではないことが

すぐにわかりました。

 

みなさんとお話しても、

何ひとつ私の心に響かないんです。

 

ある人の元で、ワクワクに生きる!

と行動しているようでしたが、

結局は、その人にワクワクでお金を出したり、

その人のアドバイス通りに行動しているだけ。

 

つまり制限の枠の中での

ワクワクをやっているようでした。

 

あ、この人たち、私の姿だわ・・・

 

その中で、私以上に冷めた女性が

私の隣に座っていました。

 

この人とお話がしたいと思い、

みんなと別れ際に声をかけ

一緒にお食事しました。

 

その中で、私は人生上昇塾のツールで

変わった事などを話すと、

彼女も興味を持ちました。

 

素晴らしい無料教材があるから、

入塾する必要はないよ~と

伝えたのですが、しばらくすと彼女から、

「入塾した」と連絡がありました。

 

あっ、入塾したのね (^_^;)

入塾したいという衝動が起きたと言ってました。

 

同じ情報を知って、入塾する人しない人

これもそれぞれの

プログラムなんだなぁと思っていました。