Heart is filled

父に愛されていないと思い込んでいた私

 

ご訪問ありがとうございます!

ブログを通しての

ご縁に感謝します♡

 

f:id:sudeniaru:20181203060143p:plain

 

最近は、色んな方々の本や動画を

シェアしていましたが、

ありがたいことに、

普段の生活・気づきを

きかせていただきたいと

コメントを頂きました。

ありがとうございます(^^)

 

ちょうど自分のことも

書きたいタイミングでしたので、

私の両親に対する観念、感情を

手放していった続きを

書きたいと思います。

 

sudeniaru.hatenablog.com

 

この続きですね。

 

この時はM2テクニックで、

とにかく両親に

言いたかったことを

毎日のように言って

手放していたんです。

 

それまでは、苦しさ、悲しみ、

何でこうなっちゃったのという

思いでいっぱいだった心に、

少しずつスペースができていくような

不思議な体感がありました。

 

そんなとき、

ある動画を目にしたんです。

 

それが、この

タイの生命保険の動画です。

 

www.youtube.com

 

ろうあ者の父を持つ娘が、

学校でいじめられ、

なんで私のお父さんは

普通じゃないのって。

 

これを見たとき、

娘の気持ちもよくわかるのですが、

ここに出てくるお父さんが、

自分のできる全力で

 

娘を愛しているのが、

伝わってきたんです。

 

そのお父さんの姿が、

自分の父と被りました。

 

あれ? 

もしかしたら私の父も、

自分ができる全力で、

私を愛してくれてたんじゃないの?

って。

 

私が幼い頃の父が

甦りました。 

 

仕事から帰ったら、

一緒に遊んでくれて、

お風呂でも遊んでくれて、

休みの日は、近所の子供たちも

一緒に遊んでくれて・・・

  

f:id:sudeniaru:20181029151502j:plain

 

お父さん、

いつ休んでいたんだろう?

 

いつゆっくりしてたんだろう?

 

そして、ふと考えたんです。

 

私が、3歳の時、

父は、29歳でした。

 

私が、29歳の時、

3歳の子供がいたら、

父と同じことができたかなって。 

 

答えは、できませんでした。

 

29歳の私は、

自分のことで精一杯。

 

休日に子供と遊ぶなんて

無理と思ったんです。

 

他にも色んな事が甦り、

動画を見ながら父の愛を思い出し、

涙が止まりませんでした。

  

それまでの私は、

「愛されてない」と

強く思いこんでいました。

 

父は私たちを愛してないから、

私達子供を置いて、

女作って出て行ったと

思い込んでいましたが、

愛されていないのではなく、

 

正確には、

 

私が思うように

愛してくれなかった

 

ということでした。

 

 

 

 

 

これと同じようなこと、

私は職場でもあったんですよ。

 

例えば、同じ仕事を任されても、

私は1時間で終わるのに、

一緒にやるメンバーは、

3時間かかったときがありました。

 

もう激怒ですよ。

 

ふざけんな💢

さっさとやれ💢って。

(私、何様~ / 笑)

 

でも、3時間かかったけど、

これが相手の全力だった

かもしれないんです。

 

たまたま、私が得意な分野だっただけで、

逆に相手の得意な分野だったら、

逆転する可能性もあるわけです。

 

それなのに、私と同じスピードでやってよ

というと聞こえがいいですが、

この頃の私は(今も?)

傲慢そのものだったので、

内心、思うように動けよ💢って、

ムカムカしてました。

 

人生全般、この

「私の思い通りにしたい」

という観念によって、

思い通りにならない現実に、

自分が苦しむことを

くり返していました。

 

 

話がそれましたが、

父に対してもそう。

 

私が愛されていると感じるのは、

そういう行動じゃないって、

もっとこう愛しなさいよって、

王様のように思ってました。

 

要は、私の思う通りに

しなさいよってことです。

 

この場合、父親に対しての

見下しもあるので、

これがどうなるかというと、

やったことはやられますから、

今度は私が会社などで、

見下される現実が起こるわけです。

 

この「思い通りにしたい」って

かなり厄介です。

 

だって、多くの人の悩みって

自分の思い通りにならないことを

悩むわけですよね?

 

人生上昇塾の安達さんは、

僕は、人生は思い通りに

ならないもんだって思ってると、

お気楽ちゃんねるで話してました。

 

思う通りにならないのが

当たり前だと思ってるから、

逆に、思い通りになったときに、

すごく嬉しいって。

 

私は、この逆だったわけです。

思考は現実化するっていうし、

思い通りにいくもんでしょって。

 

だから、思い通りにならないことに

ガッカリして、

なんでこうなるのって

思い悩んで、

無駄な時間を過ごしてました。

 

父が私の思う通りでは

なかっただけだと、

ふと目に入った動画によって

気づかされました。

 

おもしろいですね。

 

これが、父に対して

言いたいことを

浄化していなければ、

この動画を見ても

きっと父とは

被らなかったと思います。

 

 

 

津留晃一さんが、

人生で浄化すべきことは、

順番に起きてくるといったことを

CDの中で確か話していましたが、

(どのCDだったか忘れちゃって💦)

まさに私にとっても、

順番に起こっている気がしました。

 

順番に手放すことが起きて、

神としての記憶を

取り戻していくわけですね。

 

 

M2テクニックや、

他人は合わせ鏡をやっていくと、

自分がかけていたサングラスが、

どんどん薄い色になっていって、

最終的にはクリアに

なって良く見える!って

感じになるんです。

 

物事をよく見ていたと

思っていたのに、

実際は、サングラスで、

ほとんど見えていなかったのねって。

 

スミマセン (^_^;)

例えが下手過ぎる(苦笑)

 

私がこうして書いても、

いや、あなたは小さい時に

遊んでもらったから愛されてるけど、

私なんて遊んでもらった

記憶がないし・・・

と思う方もいると思います。

 

私は、父に対して

こうして欲しかったとか

思いを手放していったから、

物事を前から見ることしか

できなかったのが、

裏からも見ることが

できたような…

 

ドリフでいったら、

「志村、後ろ!後ろ!」って。

 

これも違うか (笑)

 

しかも年代もバレますね。

 

ハイヤーセルフ、

大きな我から、

気づけなかった真実を

見せてもらっているような

そんな感じでした。

 

両親に対して、

もっとこうして欲しかったでも、

ムカつくでも、何でも、

自分の中にある思いを手放していくと、

今とはまるで違う世界が

見えてくると思います。

 

現に私がそうだったので。

 

手放していく過程は、

苦しさ、悲しみ、悔しさ、怒り、

いろんな感情が甦り、

正直辛かったこともありました。

 

M2テクニックでは、

その時の感情を再体験するような

感じでしたから。

 

でも、私の中にこのまま

「愛されていない」があると

この先も愛されていない

現実が起こるんです。

 

そっちの方が辛いと思ったので、

この際、全部手放しちゃおうって。

よし、浄化祭りだって (笑)

 

向き合いたくないときは、

今手放すときじゃないのかもしれないし、

他に方法があるのかもしれません。

 

これは、あくまでも

私に合った方法ですから。

 

私は、父が思う愛し方に、

そうじゃない

そんなの愛してるっていわないと、

感謝すらしなかったので、

このまま何も言えないまま、

父とお別れはしたくないという思いが

込み上げてきました。

 

父に、ちゃんとごめんなさいと言いたい、

育ててくれてありがとうと言わなきゃ

という衝動にかられました。

 

そんな思いになってからは、

どこに住んでいるかも

わからない父に、

部屋で泣きながら

「ごめんなさい、ごめんなさい」と

謝る日々が続きました。

 

 

数週間が過ぎた頃、

叔父から一本の電話が入りました。

 

続きます。

  

 

父のことを想ってブログを書いた後、

部屋の本棚にぶつかったら、

父からもらった手紙が落ちてきました。

不思議~ (笑)