Heart is filled

宇宙へのオーダーミス

 

ご訪問ありがとうございます!

ブログを通しての

ご縁に感謝します♡

 

f:id:sudeniaru:20181203060143p:plain

 

前回の続きです。

 

父の弟にあたる叔父から

一本の電話が入りました。

 

「オヤジ(私の祖父)が、

兄貴(私の父)に会いたがってるから

探してほしい」と。

 

父を探せって言われても、

私もどこにいるのか分からないし・・・

 

「俺も警察署に行って

捜索願を出そうと思ったら、

兄貴の住民票がある署で、

届けを出さないとダメみたいで、

俺は無理だったから、

近くの警察署に行って手続きしてきて」と

頼まれました。

 

父は、家を出たとき事業に失敗して、

借金そのままで逃げたようで、

住民票も移していませんでした。

 

その時、祖父は101歳。

確かに、いつ人生が終わっても

おかしくないので、

渋々警察署に行きました。

 

「あの、捜索願を出してほしいのですが・・・」

 

『どなたか、行方不明なんですか?』

『その方の年齢は?幼い子ですか?』

 

「いえ、63?4?ぐらいです。」

 

『( ̄д ̄)??』

『いつ頃、いなくなったんですか?』

 

「えっと、15年位前ですね」

 

『逆に伺いますけど、今まで探さなかったんですか?』

 

「はい」

「祖父が会いたいというので、

 捜索願をお願いできればと思いまして」

 

『・・・』

 

「呆れますよね 」 (^_^;)

 

なんて言われたか詳しくは

忘れちゃったんですけど、

大人になってから出て行ったなら、

本人の意思で出て行ったわけだし、

こちらとしても情報がないので、

捜索願を出すことはできません。

身元不明のご遺体などで、

お父様と似た方がいらした場合に

確認して頂くとか、そういった形になります

みたいなことを言われました。

 

「そうですよねぇ。

 無理ですよねぇ。

 あははは (^_^;) 」

 

あーぁ。

こうなることはわかっていたものの、

叔父に対しても、警察署に行ったよと

報告しないとダメだと思って行動したわけです。

 

叔父に伝えると、

そうか、それなら仕方ないと。

 

でも、祖父に会わせてあげたいと思い、

宇宙にオーダーしましたよ。

 

ここで書いたやり方で

 

sudeniaru.hatenablog.com

 

 

オーダー

父を捜さなくて済む方法をお願いしま~す

 

自分で捜すのは嫌だったので、

捜さなくて済んでよかったみたいな

イメージでオーダーしたんです。

 

オーダーした後は、

その願いはほっといて、

気分いいことをして過ごしていました。

 

 

 

また、数週間して

叔父から電話が入りました。

 

「オヤジ(祖父)が亡くなった。

 兄貴を捜してもらってたけど、

 会いたがっていたオヤジ(祖父)が

 亡くなったから、

 捜さなくて済んだね」って。

 

 

あちゃちゃちゃーーーーっ 

 

f:id:sudeniaru:20181030053256j:plain

オーダーミス! 

オーダーミス! 

 

確かに捜さなくて済んだけど、

まさか亡くなる結末とは・・・

 

じいちゃん、ごめん 

f:id:sudeniaru:20181030053439j:plain

 

私のオーダーで殺してしまったような

そんな罪悪感が湧き上がりました。

 

祖父の願いを叶えてあげられなかったけど、

私は、父が生きているうちに会おう!

今度は、ちゃんとオーダーしよう!

新たにオーダーしました。

 

オーダー

元気な父に会えるよう、よろしくお願いします。

 

このオーダー出して、

あとは宇宙にお任せ。

 

私がやれることは、

ルンルン♬と過ごすだけ。

 

この時に書いた

 

sudeniaru.hatenablog.com

 

決めるのは自分

やるのは潜在意識

 

ですね。

 

津留さんの言葉で言えば、

小我の私たちは意図するだけで、

実現する力はありません。

実現するのは、大我の役目です。

 

オーダーを出してから、

ある情報が入ってきました。