Heart is filled

人間関係の秘密 

 

ご訪問ありがとうございます!

ブログを通しての

ご縁に感謝します♡

 

f:id:sudeniaru:20181203060143p:plain

今日は、タイトル通り

人間関係についてです。

 

この世界の二極化が進むといわれている

この時に、人間関係で悩んで

いつまでも嫌な気分になって

過ごしている場合じゃない!

 

さっさと人間関係の悩みを解消して

いい気分で過ごせるようにしていきましょう。

 

私は今まで、人間関係で悩むと

人生上昇塾の「他人は合わせ鏡」

というワークで解決してきたので、

そのことを書いてきました。

 

「他人は合わせ鏡」のワークって、

面倒くさくてやらない人が多いと思います。

 

今回、人間関係についてお話している

ヨシツグさんの動画を見つけました。

 

すごくわかりやすくお話されているので、

聴いて、自分の中に気づきが起きると、

それだけで変わると思います。

 

www.youtube.com

 

ちょっと文字起こししようと思ったら

ほぼ全部になってしまいました (;´Д`) 

 

痴漢にあってしまう女性がいます。

なぜ、痴漢にあってしまうのか?

どうしたら合わなくなりますか?

 

私達は、似た者同士しか

引き合えないんですね。

 

ということは、

襲われちゃう女性と痴漢は、

実は似ているんです。

 

何が似ているのかっていうと、

痴漢する男性というのは、

性的欲求を強く感じています。

 

でも、男性として自身がないという

状態の人ですよね。 だいたい。

 

つまり男性として自信があったら、

性的な欲求は、もっとまぁ堂々とこう

満たせばいいだけの話なので、

ところがそれができないと。

 

言ってみたら、

弱い女性を襲ってしまうと。

 

女性の方も似たような状態で

性的欲求を強く感じているにも

関わらず、自信がなく、

それをこう出せないといったら

いいんですかね。

 

そういう状態だと、

必ず襲われてしまうんです。

 

で、ここからが本題なんですけれども、

私が今日お伝えしたい

人間関係の秘密っていうのはですね、

まぁ、これだけは良かったら覚えて

おいてくださいねっていったり

するんですけれども、私達はですね、

自分の中にもあるにも関わらず、

それをあると認められないものと

自分の中から切り離したいもの、

追い出したいものとかですね、

そういう風にいっても

いいんですけれども、

それをたくさん過剰に持っている人に、

必ず悩まされるんです。

 

これが人間関係の秘密なんです。

 

ちょっとわかりづらいと思うので、

もう一回言うとですね、

私達は自分の中にあるにも関わらず

本当はあるんですけれども

まぁ、認めたくない、

抑圧しているものですよね。

 

痴漢に襲われちゃう女性の例でいうとですね、 

セクシャリティ、性的欲求を

本当は強く感じているにも関わらず

私の中にはありませんと。

 

私は、そんな女じゃないんです

とやってしまうとですね、

それを過剰に持った人が

必ず現れて悩まされると。

 

これは実は嫌な人、

嫌いな人だけじゃなくて

好きな人にも当てはまるんです。

 

 

これも実際にやってみた方が

わかると思うんですけれども

試しに今、あなたがすごく憧れている人

異性、同性どってでもいいんですけれども

憧れている人を一人思い浮かべてください。

 

で、その方のどこに憧れてますか?

あなたがなりたい人物の方が

わかりやすいかな。

どこが好きですか?

それをできたら3つぐらい

書いてみてください。

 

じゃあ、今度は逆です。

あなたがものすごく軽蔑している人、

ま、嫌いな人ですよね。

 

こんな人間には絶対なりたくないという

人のことを思い描いていただいて、

これも異性同性どちらでもいいんですけれども、

じゃあ、その人のどこが気にいりませんか?

嫌ですか?というのを

これも3つ書き出してみてください。

 

いないっていう人も、ちょっと無理にでも

ひねり出してみてください。

できれば両方ゲームだと思ってやってみてください。

 

これを紙に書き出したら

ご家族とか仲のいい方に

是非見せてください。

 

で、その時にこう言ってください。

実は、これよく当たるっていう心理テストだと。

私がよく当たる心理テストをやった結果

なんだけど、これどう思う?と。

 

これ私のことらしいんだけど、

当たってる?と、是非良かったら

聞いてみてください。

 

いろんな反応はかえって来ると思うんですけど、

結構当たってるねって、多分

色んな人が言ってくれるはずです。

 

これで何を言いたいのかっていうとですね、

これは以前にも繰り返し私が

お話していることでもあるんですけれども、

いいことであれ、悪いことであれ、

あなたが外側に見ているものは

全部実は、あなた自身のことなんですよ。

 

で、最初の話に戻ってくるんですけれども、

私達は自分の中にもあるにも関わらず、

それは私の中にはないと。

 

自分の中にあるのにないと

思い込もうとしているもの

その要素をたくさん持っている人に

私達は必ず悩まされるんです。

 

いいことも悪いことも

本当はあなたの中にあるんですよ。

 

 

Q:貧乏な恋人を引き寄せてしまうのは?

 

それはあなたも自分のことを貧しいと感じてて

でも自分は違うと、そこまでではないとかですね。

 

これもいろんなケースがあるので

一概にはいえないんですけれども、

でも基本は自分の中から追い出したいもの、

その要素を持っている人との間で

私達は悩まされるということを

良かったら覚えといてください。

 

 

Q : 私は、タバコを吸う人が許せません。

私はタバコが嫌いです。

 

そうですね

必ずこういう意見とかあったりするんですけれども

この辺はですね、できれば抽象的に

捉えてください。

 

タバコを吸う人が嫌いだとします。

あなたはタバコを吸わないと。

 

じゃあ、タバコってどういうものなのか?って。

あなたにとってのタバコっていうのは何なのかと。

 

つまりあなたは好きで、やめられなくて

でもそのせいで周りに迷惑を掛けていること

っていうのが、恐らくあるはずです。

 

でもあなたは、私はタバコを吸う人たちとは違うと。

例えば私もタバコを吸う人がちょっと苦手と。

 

自分は吸わないんですけど、タバコと同じような

人が嫌がるような、ちょっと自分でも

気づけてないんですけど多分あるんだろうなと。

 

この辺は、ちょっと柔軟に捉えて頂けると

とてもよかったりするんですけれども。

まったく同じっていうよりは

そのちょっと抽象的にですね、

本質的に、同じような要素という風に

捉えて頂けると嬉しいんですけれども。

 

どちらかというと、嫌な人、

嫌いな人というのは過去の自分という風に

思っていただけるといいかもしれません。

 

で、あなたが憧れている人っていうのは

これからあなたの中に出てくるもの

つまり未来のあなたという風に捉えてみると

いいかもしれません。

 

いずれにせよ、どっちも

あなたの中にあるんですよ。

 

みんな人のことを言っているようで

実は自分のことをずーーっと

いいことであれ、悪いことであれ

言ってたりするんですよ。

 

ここからなんですけれども、

じゃあ、いいとことも悪いところも

見ているものは実は自分の中にあるけれど

それを認めることができないものだと

いうところまではなんとなく

伝わったかもしれません。

 

じゃあ、特に今嫌いな人との間でのことを絞って

お話を進めていきますけれども、

例えばさっきの痴漢にあっちゃう女の子。

 

何回、色々工夫してもですね

なぜか痴漢にあうと。

 

何度も何度も痴漢にあってしまう女性が

痴漢に襲われなくなるためには

どうしたらいいのでしょう?

 

 

いじめられる側にも問題があるんだよって

この辺っていうのは本質的に捉えると

ホントにその通りなんですけど、

ただしこれを形の上で捉えちゃうとですね、

誤解を招きやすいので、結構

取り扱いは難しいんですけども

繰り返しいいますけども、

私達は似た者同士が出会うんです。

 

なので、いじめる方もいじめられる方も

実はですね、すごく似ているんです。

 

何が似ているのかっていうとですね、

とにかく今の自分が嫌だっていう、

それがこう内側に、自分に向かうのか、

外側に、その相手に向かうのか

っていう違いだけでですね、

その自分のことがとにかく嫌で

仕方ないっていう2人が出会って

そういう悲しいことになっちゃうんです。

 

この関係性の中でですね、男性的な方、

つまりエネルギーが外側に向かう方が

いじめる側になってですね、

女性的なエネルギーの使い方になっている方が

いじめられる側っていう風になるだけで

実は似た者同士なんですよっていう。

 

この辺のことがなんとなくわかってくると

人間関係の秘密というか謎が

解けてきたりするんですけれども。

 

 

これは今、痴漢に襲われちゃう

女性のお話に例えていますけど、

これを恋愛とかに例えるならば

何度も何度も男性に音信不通に

される女性というのも同じですよ。

 

 

答えをいうとですね、

自分の中の性的欲求を認めると。

 

で、ですね、これは痴漢のお話だけじゃなくてですね

今日のテーマに絡めていくと

私達は自分の中にあるにも関わらず

それは私の中にはないと思っているものを

たくさん持っている人っている人との間で

苦しむことになる。

 

じゃあ、どうしたら苦しまなくなるかっていうと

それを取り戻すって感じなんです。

 

自分の中にそれを取り返すと、取り戻すと

それに悩まされることはなくなります。

 

これが答えです。

 

自分の中に、それを取り戻すと。

 

じゃあ、今のお話でいうと

自分の中に性的な欲求を取り戻すっていう、

私の中にもあると。

 

自分の中にも本当はあるにも関わらず、

いってみれば痴漢で襲ってくる男性と

襲われる女性っていうのは、

本来だったら2人が同じくらい

感じなきゃいけないもの

その女性がすごく嫌がって

男性がものすごく感じようと

しすぎているっていったらいいんですかね。

 

それでバランスを崩して

そういうことが起きちゃうんです。

 

つまりその女性がちゃんと

自分の中の性的欲求を感じはじめていったら、

自分の中に取り戻していったら、

相手はちょっと変わってくるんです。

 

 

 

Q:取り戻し方がわからない

 

自分の中に、それがあると認めるっていう

ような感じなんですけれども。

 

 

我慢しない、発散してやれっていうのは、

痴漢している男性みたいなもんですよね。

 

痴漢に襲われないようにするためには、

自分が痴漢になればいいということでは

ないんです (笑)

 

痴漢される女性と痴漢する男性を、

さっきのいじめる人といじめられる人で例えると

どっちも苦しいんですと。

 

大事なのは、苦しいエネルギーを

解消していく、消していくって感じなんですけど

どうでしょう?

 

この辺がうまく伝わってくれると

嬉しいんですけれども…

 

 

今日のお話は、すべての人間関係での問題に

恋愛も含めてなんですけれども通じる

お話をしててですね、とにかくこの話は、

なかなか受け入れてもらえないんですね。

 

実際は、これさえ覚えておいてくれたら

私達が人間関係で悩む理由はですね

もう一度言いますけれども、

あなたが自分の中にあるにも関わらず

私の中にはそんなものはないっていう風に否定したもの

抑圧したものと、それをあなたが自分の中から

押し出そうとしているもの、切り離そうとしているもの

っていってもいいですけれども、

それをたくさん持っている人が、まるであなたに

ちゃんと返しにくるというかですね

そんな感じで近づいてくるんです。

 

なので、あなたがそれをちゃんと

受け取ったらですね

あのそういうことっていうのは、

段々なくなっていくんです。

 

取り戻すっていう

自分の中にあるんだっていう。

 

 

Q : 音信不通にされまくる理由が知りたい

 

なんで男は穴にこもるんですか。

音信不通にするんですかって

相談しに来る方がいるんですけれども、

その方に私が気づいてもらいたくていうのは、

あなただって同じなんですよっていう。

 

あなただって誰かに対して音信不通っていうか

すごく冷たい態度をとっているはずですよ。

 

で、その人がそれにハッと気づいて、

あっ、私も同じことやっているなと

なんだか彼の気持ちわかるな

ってなってくるとですね

あのその相手との関係っていうのは

ちょっと変わってくるんです。

 

これもしつこくいっているんですけれども、

あなたが何を望んでいるにせよ、

あなたが世の中のことを

どんな風に思っているにせよ

実際に起きていることがあなたが

本当に信じていることなんです。

 

で、さっき私がですね、私はタバコ吸いません。

タバコ吸う人がやっぱちょっと苦手というかですね

タバコ吸う人の態度、ポイ捨てとか

歩きたばことかですね

結構それでしんどい思いとかしたり

するんですけれども、

こっち(タバコ吸う人)が正しいと思ってください。

 

どういうことかというと、

あっ、自分もきっと同じことをしているに違いない。

 

今の自分は気づいてないけど、

私はタバコを吸って人に

迷惑を掛けることはないんですけれども

タバコ吸っている人と同じようにですね

なんかやめられない癖というか

やめられないことで必ず誰かに

迷惑をかけているはずなんですね。

 

今はピンときていないんですけど

絶対にあるはずなのでという風に

ちょっと考えてみて下さい。

 

どうですかね?

起きていることが正しくて

あなたがこうだと思っている方が

実は間違っているっていう風に。

 

ここが、人間関係を改善していくための

秘訣なんです。

 

自分の中に散り戻す。

 

外側に見ている嫌なもの

実際にいいものもそうなんですけれども、

嫌な部分ていうのは必ず自分の中にもあると。

 

f:id:sudeniaru:20190111174232j:plain

 

例えば、相手の音信不通で悩んでいる方はですね、

私は誰に対して音信普通にしているだろうと

思ってください、思い出してください、

気づいてください。

 

例えば、相手の浮気性で悩んでいる方は、

私はどこで浮気してるだろうと。

 

で、これもまったく同じようにではなくて、

ちょっと抽象的に本質的に捉えてください。

 

これは私の主観なので

必ずしも全員にいい切れるかというと

そうではないんですけど、

私が相談を受けていて思うのはですね

女性たちっていうには確かに

恋愛に対しては一図です。

まぁ、一途な人が多かったりします。

 

ところがですね、お仕事とかに関しては

すごい浮気性なんですね。

すごい適当に転職とかしちゃうと。

 

男性の私からしてみると、仕事だったり

会社に対する、あるいは仲間とか

そういう忠誠心とかないのかなって思っちゃうぐらいに

結構自分の都合で会社辞めっちゃったりとか

色んな会社を天秤にかけたりだとか

それがいいとか悪いとかじゃなくてですね。

 

一方、男性たちっていうのはですね、

女性に関しては浮気性なところがあったりします。

 

ところがですね、仕事に関しては

ものすごい一途な、どんなに

しんどい仕事にも関わらず

我慢して頑張って、よく続くなっていう風に

一途な人っていうのは結構いたりします。

 

つまり何を言いたいかというと

みんな同じなんですよと。

 

私達違いますねと感じるとですね

相手とうまく行かなくなるんです。

 

で、私達同じですねと感じると

私達は仲良くなれると。

 

なので違いの方に目を向けると

私達は分かり合えないんです。

 

実は自分も同じなんだと、

同じだと相手の気持ちも

自然と見えてきますよね。

 

ここが人間関係の秘訣っていうかですね、

改善していくための鍵なんですよ。

 

家でも人でも対象が何であれ、

実は同じなんです。

 

私が言ってるとっていうのは、

あなたとあなた以外の何か、誰かっていうですね、

いつもそういうお話をしているので、

この辺のことがですね、

なんとなく同じだなっていう風にですね、

恋愛と仕事とか、あるいは家族と恋人とか

分けたりするんですけど、

分けるとわからなくなりますよ。

 

 

Q : 苦しいエネルギーをどうすればいいんだ

 

苦しいエネルギーっていうのを

じゃあ、どうしたらいいのかっていうと

いつもの話に戻っていくんですけれども、

ちゃんと感情を感じましょうという

ことになっていくんです。

 

まぁ、それが難しいっていう風にも

なっちゃうんですけれども…

 

 

Q:なるほど、わかるんですが

       気持ち悪いと感じてしまうことを

       どうやっても解消することができません。

 

っていう風に、あなたが感じている間は

ずーーっと外側にそれを見続けることになります。

この辺が難しいんですけれども…

 

 

なので、今あなたが人間関係で悩んでいるとしたら、

その人のここが嫌いだっていう

ところがあるわけですよね。

 

まぁ、とにかくそっけないとか、

音信不通だとか、忙しいとか、

自分にも必ず同じ部分があるはずだって

まず思って見てください。

 

で、自分はどこでそれをしているのかな

っていう風にですね、それをあなたが

見つけることができたら、

気づくことができたらですね

あなたはその人との関係が

いい方に変わってきます。

 

あなたが好きな人の浮気で悩んでいると、

その時に思ってほしいのは

私も必ず同じ部分があるはずだと。

じゃあ、私も浮気性なんだと。

 

例えば恋人との関係では浮気なんかしたことないと。

 

でもどこかで私は、浮気みたいなことをして

人に嫌な思いをさせちゃってるはずだっていう風にですね

そこで私も同じようなことをやってるなぁって

なってくると、つまり自分の中に取り戻すと

不思議なくらいその人に対して

腹が立たなくなってくると。

 

自分の中に取り戻したもので

私達は苦しむことはないので、

自分の外側にあると感じるもので私達は悩むと。

 

 

Q:以前のお話で、男性は身体を

    求めてばかりだけど、女性は

    優しさやお金を求めてるという

    お話と同じですか?

 

 

そうです!

おんなじなんです。

 

いってみたら、形はちょっと違いますよね。

 

身体を求めると優しさやお金を求める。


その向こう側にある本質的なものでは

そのどっちも同じだと気づいてみてください。

 

そうすると多分あなたは、

身体ばっかり求めてくる男性を

ちょっと違う目で見ることが

できるはずですよ。

 

繰り返し最後にいっておくとですね、

私達は違うと感じると

わかりえなくなるんです。

 

私はそんなことしないとか、

私はそんなこと思わないとか、

私はそんなこと考えないとか

やっちゃうとその人の間でですね

なかなか分かり合えないって

なっちゃうんです。

 

これを私もそう思う、

私も同じだといういう風にですね、

違うところではなくて、

どこが同じなんだろうっていうところに

目を向けてみてください。

 

そこに目を向けると、

人間関係っていうのは緩んできます、

変わってきます。

 

 

さっきの痴漢に襲われちゃう女性の話でいうと、自分がいやらしいと。

 

その男性を見るようにいやらしい、

スケベだと、汚らしい、

あとなんでしょうね、

人として最低というのを実は自分も

そうなんだって認めるまでですね。


つまり私もいやらしい、汚らしいと

でもまぁ仕方ないというという風に

受け入れていくまで、ずーっと悩まされ

ますよっていうことなんですけれども。

 

 

Q:自分より強い人を自分と

    同じだとは思えません。

    どうしたら同じと思えますか?

 

それはさっきもいったんですが、

あなたが違いの方を見ているから

なんですよ。

 

自分より美しい人とズルい人と賢い人、

悪い人、まぁ何でもいいんですけども、

それが自分の中にもあるはずだっていうね。

 

今あなたは、ないはずだっていう目で

見ているはずなのでうまくいかないんです。

 

見えている方が、鏡の法則とかって

いったりしますけども、外側に

見えている方があなたなんですよ。

 

で、あなたは私はこうなはずだ

って思っている方が、

実は間違っているんです。

 

どこが同じなんだっていうのも

ただ見つけるっていうよりも、

同じだと感じる、私もあなたも同じ

なんですねと。

 

さっきの痴漢をしちゃう男性と、

襲われちゃう女性の同じところは何かと

性的欲求を強く感じてると。

でも自信がない二人。

 

それがお互い引き合ってしまって

で、男性も自信があったら

もっと違う形で女性に、

女の子に近づいていたはずです。

 

で、女性の方も自信があったら

もうちょっと違う形で男性と

出会えてたはずなのに。

 

つまりその求める気持ちっていうのが

ですね、形に騙されず、

その向こう側の同じところ

そこにいつも目を向けて

続けてみてください。

 

これが人間関係を改善するための

一番大切なことだったりしますよ。

 

自分の中にそれはあるんだ。

同じだということを大切にしましょう。

    

     ☆

 

今ちょうど疑問に思っていたことを

ヨシツグさんが具体的に話してくれていて、

あぁ、あの人私だわ、私も同じだわって

腑に落ちたら笑えました ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)

 

この動画では、具体的に話してくれているので、

彼氏の音信普通に悩む女性などには、

とってもいい解決方法のような気がします。

 

私の場合は音信不通や返事がないときで

納得できてました。


なぜなら、私も気分が乗らない時は返事

しないし、年賀状もらっても返さないと

やっているので同じかなと思っていた

からです。

 

その人に対してやっているだけでなく、

他の人や、物や、環境などにしている自

分の姿を他人は映してくれています。

 

以前に書いた循環の法則で、

やったことをやられると書きましたが、

他人とは、まさに自分が誰かや何かに

やった姿を見せてくれているだけ。

 

それは、自分が自分にしてることも含めて。

 

www.kansya888.com

 


相手は自分だと腑に落ちると

相手が別人のように見えるか、

なんとも思わなくなるか、

私の現実からいなくなります。

 

この腑に落ちる感覚は、

ホントに気持ちがいいですよ。

 

私も歩きたタバコをする人に、

殺意を覚えるほどでした。

 

私も好きなこと癖になっていることで、

誰かに迷惑かけているんだ、

それは何だろう?と自分の行動を

振り返るとひとつ浮かびました。

 

私は、家事などをするときに

音楽を聴きます。

しかも、結構な音量で聴くんです。

 

聴いている私は好きな曲だからルンルン

ですが、お隣さんなどは迷惑ですよね。

 

それかも💡と思ってからは、

音量を小さくしたり、

イヤホンをするようにしました。

 

すると外出すれば必ずといっていい

歩きタバコの人に出会ってたのに、

自分の行いを改めてからは

殆ど出会わなくなり、

出会っても不思議なんですが、

タバコの臭いが私までしないんです。

 

歩きタバコで迷惑をかける人は、

やっぱり私の姿でした (^_^;)

 

他人は自分という視点で

いつも見れたらいいのですが、

顔が違うので、つい自分と

分離させてしまいます。

 

でも、一度でも他人は自分だという

体験をすると、それから先は、

人間関係で悩むことがあっても

すぐにあの人って私だという視点に

戻れます。

悩む時間も短縮できます。

 

2019年は、どんどんポジティブ、

ネガティブに分かれて行きますので、

人間関係で悩んでないで、

楽しい時間を増やして行きましょう!