Heart is filled

自殺って軽い ← これ採用

 

ご訪問ありがとうございます!

ブログを通しての

ご縁に感謝します♡

 

f:id:sudeniaru:20181203060143p:plain

 

自殺編、続きます。

 

母が自殺する前から、

よく自殺すると成仏できない

ということを耳にしていました。

 

それを聞くたび、誰が決めたんだろう?って

納得できませんでした。

 

母が亡くなってからも、心がスッキリしないまま

過ごしていた時、ある映画の存在を知りました。

 

それが、こちら

 

www.youtube.com

 

「かみさまとのやくそく

 ~あなたは親を選んでうまれてきた~」

 

胎内記憶をテーマにしたドキュメンタリー映画でした。


胎内記憶とは お母さんのお腹の中にいたときの記憶や、

その前の記憶のこと。

2~4才の子どもたちが話すと言われています。

 

norio-ogikubo.info

 

世間一般の常識では親は選べないと言われてますが、

この映画では、子供が親を選んでくると。

 

私も高校生の時に、ボーっと

家事をしている母を見ていた時に

「あっ、私この2人の子供に生まれたいって

 決めたな」って感じたんです。

 

心の奥から湧き上がってきて、

不思議と納得した経験がありました。

 

なので、子供が親を選んでくるということは、

受け入れていましたが、なんでこの親の元に

生まれてきたんだろう?という疑問は

ずっとありました。

 

その答えがこの動画にあったんです。

 

池川先生が

「私たちは何のために生まれるの?」

と何人かの子供たちにきいたら、

答えはすごく明確で

「人の役に立つため」

って全員言ったそうです。

 

で、一番最初に役に立ちたいのは

お父さん、お母さん。

 

特に、

お母さんなんですよ。

 

お母さんの役にどうやって立つのかっていうと、

自分が生まれてお母さんが幸せ。

 

これが子供たちにとって幸せなんですよ

と話してて、この言葉を聞いたら、

涙が止まらなくなりました。

 

母が亡くなるまでの私と母のことが

走馬灯のように思い出されて、

自分が母を選んだということと、

今の人生も私が選んだと腑に落ちました。

 

また、この映画の中で子供たちが

「反省部屋」の話をしていました。

 

「反省部屋」というのは、

自殺したり、殺したり?殺されたり?した

後悔した魂が入る部屋のようで、

そこで反省して、迷惑をかけた人たちに償い、

喜ばせるために来世に転生します。

喜ばせることができたら、

自分のやりたいことができるそうです。

 

でも、反省しない魂もいる!

って笑いながら子供たちが話した時、

あっ、お母さん反省していない!

って感じたんです。

 

うまくいえないけど、そう実感したんです。

全然反省してないって(笑)

 

生前の母は、とにかく好奇心旺盛で

いろんなことやっていたんです。

 

母をよく知る人からは、

あんなにお母さんは色々やってたのに、

娘のあなたは全然やらないねって苦笑されます。

 

母は色々やり尽くして、今の肉体で居続けても

後は老いていくだけ。

 

この肉体では充分体験した、

もっと違う体験がしたいから、

反省部屋なんか入ってる場合じゃないと思ってる

母の姿が浮かんだんです。

 

早く他の若い肉体に入って

もっと楽しみたいんだ!という

母の思いが感じられて、

母らしいなと笑えました。

 

この映画を機に、池川先生の存在を知りました。

 

その後、以前このブログでも紹介した

「まゆともチャンネル」のゲストに

池川先生が登場したんです。

 

www.youtube.com

 

一部文字起こし

 

その中で、先生が自殺について

子供たちにきいたことを話してました。

 

自殺した人を聞いたんですよ。

自殺すると、だいたい帰ってこれないっていうし、

どうなんですか?

帰らない人もいるでしょ?って聞いたら、

「いや、そんな人いないですよ。

 みんな帰ってきますよ。」

って言うんですよ。

 

その人たちって、なんて帰ってくるんですか?

「また、失敗しちゃった💦」(;'∀')

って帰ってくるんですよ。

 

f:id:sudeniaru:20190121115523j:plain

 

結構ね、人生って軽いらしいですよ。

みなさんが思っているほど重くないみたい。

 

深刻に考えるのは、肉体を持つと深刻に

考えられるんですよ。

 

魂は深刻に考えることはできないんです。

全部OKだから。

 

そうするとね、空の上から見て

深刻に考えるっていうことは、

出来ない人から見ると、深刻に考えるって

魅力あるんですよ。

 

素敵~♡、なにあれ~♬

やってみたい!って来ちゃうんですよ。

 

で、順調に深刻な人生送っているのに、

なんで私だけって思っているんですよ。

 

いやいや、自分が選んで来たでしょって(笑)

 

(深刻を)充分味わうのが大事ですね。

 

自分が決めた目標まで達しきると、

もうそれ以上深刻になる必要はないから、

ハッピーになっていいんだけど、

そのままずっと深刻で行く人と、

ハッピーなる人と別れるんです。

 

これも自分の選択なんですよ。

 

生まれたくて生まれたくて

でも生まれない子が多いんですって。

 

生まれないっていうか、

要するに手形を持てないってことですね。

選ばれない。

 

これは、お母さん、お父さんからもらうもの

なんですって。

 

だから、お父さん、お母さんがあげないと

来れないから、流産にしろ、死産にしろ

それを持ってくるから超エリートなんですよ。

 

イメージ的には、ディズニーランドが

あるじゃないですか?

 あそこはテーマがいっぱいありますよね?

 

そこに【深刻になる人生】とか

【不幸になる人生】とか【夫婦仲悪い人生】が

あるわけですよ。 よりどりで。

 

みんな好きなとこに行くんですよ。

順調に、その苦しい人生とか

夫婦仲悪い人生送ってて、

苦しいとか言ってるんですけど、

自分で行きたいところにいけばいいんですよ。

 

順調に行って幸せなわけですよ。

だって行きたいのに行けない人

いっぱいいるわけだから。

 

一人のお母さんに、だいたい一万人ぐらい、

イメージ的にね、一万の子が

来たがっているんだけれども

みんな来れないんですよ。

 

来れるのは、お母さんが妊娠する数だけだから、

流産でも何でもいいんですよ。

もう来れたんだからラッキーみたいな。

 

例えば、流産する子なんていうのは、

入場券で入ったようなものですね。

だけど、乗り物券ついてないから(笑)

 

でも、周れるんですよ。

あれ乗りたいなぁ、これ乗りたいなぁ

とかいって帰ってくるんだけど、

なぜかディズニーランドというところは

ネズミが立って握手してくれたりするんですよ。

で、帰ってくるんですよ。

 

なんかいいとこだったなぁ

ネズミが立って握手してくれるんだよって、

エッ、それ何?って、

みんなに自慢げに話すんじゃない?

 

流産っていうのは、お母さんに来たいんですよ。

で、来れて、おもしろいのは、

お母さんの見るもの、聴くもの、感じるもの

すべて空に帰る時、持って帰れるんですって。

 

だから、それをしに来てるのに、

お母さんが悲しいとか、ずっと思ってるわけですよ。

自分を責めて流産しちゃったかなと思ってる。

 

なにも今の世の中が、突然パラダイスに変わって、

みんながハッピーになるんじゃないんですよ。

 

もうすでに皆さんがハッピーなことに

単に気が付くだけ。

 

それが弥勒の世なんですよ。

という私の解釈なんです。

 

皆さん、相当ハッピーですよ。

 

だって生まれてこれない子が、

自分たちの何千倍もいるんですよ。

 

その子たちから見たら、

生まれてきただけで大儲け。

 

例えばホームレスでそこにいる人だって

ラッキーなんですよ。

 

まして皆さん、全然、あまり人生に

苦労してないとは言わないけど、

苦労してるでしょ?

 

その苦労って、例えば旦那さんの問題とか

子供の問題だったりすると、

それがあるということが

どれだけ幸せかってわかってますか?

って話なんですよ。 

わかってないんですよ。

 

 

どんな経験してもね、

OKって話なんですよ。

 

で、よく考えたら、

自分の経験て世界中でですよ、

過去から未来まで含めて

自分一人しか経験できないんですよ。

 

同じような経験する人はいるけど、

同じ経験をできる人は誰一人いないんですよ。

すごくない?

 

全宇宙で、たった一人だけなんですよ。

 

そしたら、どんな人生でもいいじゃん

って話なんですよ。

 

どの人生選んだって世界でオリジナリティがって

一人だけの人生だから、好きに楽しんだらって。

もう苦しいって人生充分味わったらみたいな(笑)

 

 

 

池川先生の話を聴いて、

自分の中にストンと落ちました!

 

スッキリすること、腑に落ちることは

自分にとっての真実です。

 

自殺って軽い (笑)

私は、これを採用!

 

ホント、スッキリしました。

 

あんなに深刻に思い悩んで、

自分を責めていたのが嘘みたいに

消えていくと同時に、自分の人生を

愛おしく思えました。

 

映画を観た方の感想がありました。

 

www.youtube.com

 

最後になればなるほど、

今の自分もすごく大事だけれども

周りで一緒に(映画を)観ている人も、

全部が、命が、大切だなぁって思えて、

みんなそれそれ(本当は)同じ思いをもっていて、

(周りを)良くしていきたい

自分が生まれることによって

世界を良くしたいって、みんな思ってる。

 

今(の私)は(それを)忘れちゃった大人だけど、

でも、全員がそれを思って生まれてきて、

全員が(本当は)思っているってことが、

本当に一人一人の命が大事だなぁって、

すごく思えたので、これをもっと身近なものに

いつも捉えていたいなってすごく思う

 

宝物を今日もらった感じがします。

映画の中から 😢

 

 

みんなホントは同じ思い。

 

私の人生に現れてくれた人々にも

心からありがとうと思いました。

 

私の中のモヤモヤがまた一つ解消され、

この映画に出会えたおかげで、

私、本来の輝きを取り戻せたような気がします。

 

ひとつひとつ神としての記憶を

取り戻す出来事が起こり、

様々な感情を感じる体験をくり返し、

観念の雲を突き破っていくゲーム。

 

人はタマネギの薄皮を向くように

変わっていくと聞いたことがありますが、

この頃(今から4年位前)は、自分もまさに

そんな状態だと感じていましたが、

今はA→αに飛べる時代だと関野あやこさんも

話していたので、決めればスピーディな変化を

体験できるのだと思います。

 

あの時、この映画に惹かれて心に従った結果、

私の心が軽くなったので、

今、この映画を知って心惹かれた方は、

宇宙からのギフトかもしれません。

 

 

池川先生の他の動画を見るだけでも

なにか変化が起こるかもしれませんよ。

興味深く、おもしろいです。

 

 

子供達は生まれる目的を持ってきていて、

その目的を果たすために、このお父さん

お母さんは最適だと思ったら来るそうです ↓

 

www.youtube.com

 

悲しそうなお母さん、辛そうなお母さんは、

子供から人気があるそうです。

 

「こんな怖いお母さんだと思わなかった。

 勘違いした」っていう子供もいるとか ↓

 

www.youtube.com

 

 

宇宙でたった一つの人生を歩んでいる

自分にブラボーですね☆

 

 

そして、自死遺児の方の心が

少しでも軽くなることを願っています。

 

自殺って軽いを採用して、

だから自殺してもいいよって話じゃなくて、

自殺はした方、された方にとって、

重いものではないという、

肉体を持った人間の視点ではなく、

魂の視点に立てると苦しみから

解放されると思いますということが

伝わると嬉しく思います。