Heart is filled

幸福のバトンリレー

 

ご訪問ありがとうございます!

ブログを通しての

ご縁に感謝します♡

 

f:id:sudeniaru:20181203060143p:plain

 

読者登録や、あたたかなコメントを頂き、

本当にありがとうございます♡

 

私のブログを読んでくだる皆さんには、

感謝しかありません。

 

ブログで自分を表現するだけで

魂は喜んでいるのに、

更にあたたかなメッセージが届いた時の

この上ない喜び ღ˘◡˘ற♡.。oO

 

私の人生で経験したこと、悩んだこと、

感じたことをシェアすることで、

誰かのお役に立っているなら、

こんなに嬉しいことはありません。

 

これからもよろしくお願いします☆

 

 

今日は「幸せのバトンリレー」について

書きたい衝動にかられました。

 

また身内ネタですけど (笑)

お付き合いください。

 

 

私の父の姉、私の伯母の話です。

(以前書いた祖父母の遺産をくれた伯母です)

 

伯母も父と同じく、

父親(私の祖父)のことが

大嫌いでした。

 

父にも叔母にも嫌われる祖父って

かわいそうだと思いましたが、

2人から話を聴くと嫌うのも

無理ないと納得できました。

 

祖父は何をやるにも反対するし、

気に入らないと殴る。

 

伯母は幼い頃、耳を持ったまま

体を振り回されたようで、

今も耳たぶが避けたままです。

 

伯母が私に言いました。

 

「アイツは地獄からの使者よ」

 

どれだけ嫌いかわかると思います。

 

父も伯母も早く祖父から離れたくて、

家を出る計画を立てるも、

結婚という形でしか家から出ることを

許されなかったようで、

2人とも結婚して無事に家を出られました。

 

伯母からすれば、弟(私の父)の嫁が

長男の嫁にあたるので、

これからは祖父母に何かあっても

長男の嫁である私の母がいるからと

思っていたと思います。

 

ところが、あてにしていた!?

私の母が自殺してしまい、

伯母の人生も狂いました。

 

まずは、祖母がボケてしまい、

施設にお世話になることになりました。

 

祖母の施設と独り暮らしをしていた

祖父の家を行き来して面倒をみていたんです。

 

数年後、祖父が外出先で転び骨折してしまい、

その後、施設へ入ることになりました。

 

祖父母、それぞれ施設へ。

 

その施設には、それぞれ自宅から

2時間ぐらいかかりました。

 

1日交替で、それぞれの施設に行くも、

祖父母から色々言われたり、

頼まれてやってあげたことに対しても

怒られたりしていたんです。

 

これ、私だったらとっくにお手上げです。

 

私は時々、叔母に電話して

話を聴くぐらいしか出来ませんでしたが、

あるとき伯母が言いました。

 

「全然死なないから、

 こっちが先に死んじゃいそうよ」って。

 

そういうのも無理ないですよね。

 

大嫌いな父親が、

101歳まで生きちゃうんですよ(笑)

 

80歳位で肉体を脱ぐ人が多い中、

祖父は20年も長く生きる!

 

伯母にとっては、まさに地獄。

 

私が伯母なら、早く死んでくれと

同じことを思ったはずです。

 

伯母は、祖父母の面倒をたった一人で

20年近くみてきました。

 

あるとき、一緒に祖母の施設に行く際に

両親の面倒を一人でみるのは大変だよね?

ときくと伯母が言いました。

 

 

どうせやるなら

楽しんでやるのよ♬

 

 

足が悪い伯母は、歩くのも大変なので、

祖父母の施設に行くときには、

タクシーを利用していました。

 

タクシーの運転手さんとも、

たわいのない会話をして、移動時間は

伯母と運転手さんの笑い声が絶えないんです。

 

そして、料金を支払う時に伯母が言いました。

 

「お釣りはいらないよ。

 お兄さん、コーヒーでも飲んでね!

 ありがとう。」

 

と手を振って降りました。

 

運転手さんの嬉しそうな顔。

 

すぐに叔母に、毎回こうしているのかきくと

毎回やってると。

 

「たった数百円のお金だけど、

 運転手さんが喜んでくれて、

 次のお客さんに優しくするかもしれない。

 家に帰ったら家族に優しくするかもしれない。

 だから私はこうして幸福のバトンを

 いつも渡してるのよ♬」って。

 

f:id:sudeniaru:20190128063526j:plain

 

伯母は化粧もしないし、おしゃれもしません。

他の人からみたら、ただのおばさん。

 

なのに、その時の伯母は、

恐ろしいぐらい輝いていました✨

 

なんて美しいんだろう。

 

今、思い出しても涙が出ます。

 

実は、父も一緒に遺産を受け取りに行った時、

運転手さんに同じことをしてました。

 

そういえば、父は昔から、

ビラやティシュ配りをしている人から

私が受け取らないと怒っていたんです。

 

「なんで受け取ってあげないんだ💢

 受け取ってあげたら、あの人が早く

 仕事終わらせて帰れるかもしれないだろ。

 お前は思いやりがないよ」と。

 

さすが姉弟。

 

話を戻しますね。

 

伯母の在り方が私には衝撃でしたが、

その後、施設に行くと、

今度は施設のスタッフの人々が

伯母のところへ寄ってきて、

楽しそうに話し始めるんです。

 

タクシーの時と同じで、

あっという間に伯母のの周りに

笑顔の花が咲いていました。

 

自分も大変なはずなのに、

関わる人を笑顔にする伯母の姿に、

感動して胸がいっぱいになりました。

 

施設で伯母と別れ、私一人タクシーに乗ると

運転手さんが言いました。

 

「素敵な伯母さんでいいですね。

 運転手でおばさんのことを

 知らない人はいませんよ。

 いつも楽しませてもらってます。」

 

どれだけ成功したとか、

お金持ちになったとかそんなことよりも、

身近にいる人をどれだけ笑顔にできるか。

 

幸せのおすそ分けができるかの方が

私にとっては喜びが大きいと感じました。

 

伯母の姿を見て、その日から

私も自分ができることで

今日関わった人を笑顔にすることを

実践し始めました。

 

自分が実践するとわかりますが、

初めは周りにいなかったんです。

私の世界にこういう人が。

 

お店に入って自分がお客さんの立場でも、

スタッフの人にお声がけして、

笑顔が素敵ですねとか、あなたのお陰で

とても気分よく過ごせました、

ありがとうと伝えるとか、

お店の人だけでなく、あらゆる場所で

出会った人にやってます。

 

実践し続けると、今度は周りから

私が笑顔にしてもらうことが

どんどん増えてくるんです。

 

お店の人に「いつもお客さんの笑顔に

幸せもらってます」なんて言われます。

 

これがまさに循環の法則ですよね。

 

私の言葉で笑顔になってくれた時の喜び、

私の真心が伝わった時の嬉しさ、

私が誰かにやっているようで、

実は私が一番幸せを感じられます。

 

みんなもそうなんじゃないかな。

 

私のなりたい姿、これからやりたいことは、

自分の周りにいる人たちが、

笑顔の花を咲かせてくれる。

そんな花咲かばあさんになることです。

 

 

f:id:sudeniaru:20190128063418j:plain

お金をかけなくても

できることがある。

 

愛ある世界は創れる

 

みんなこういう思いやりや真心、

つまりは愛に触れることを

望んでいるような気がします。

 

それから暫くして、

タクシーを乗る機会があったので、

伯母のように運転手さんに

「お釣りはいいですよ。

 コーヒーでも飲んでくださいね」

ってやってみました。

  

その一週間後、絶版になった本が

ブックオフで売っていたので買ったんです。

 

すると中から、当時はまだ使われていた

パスネットが挟まっていました。

 

残額をみたら1300円ちょっと。

 

えぇー、約4倍になって返ってきた!! (笑)

 

知花先生の話を知った今、

ホントに4倍だぁと感心しました。

 

www.kansya888.com

 

 

幸せのバトンリレーを誰かに渡す人が

増えていく世界で私は生きます。

 

想像が創造されるし、他人は鏡。

 

私がやることで他人もやるはずだから。

 

そんな私の思いが歌になったと感動して、

聴いたとき涙が止まらなかった曲。

 

この曲、大好きです♡

 

「愛を愛を、愛を祝いあおう」このバージョンが好き

 

www.youtube.com

 

歌詞

 

さっきとても素敵なものを
拾って僕は喜んでいた

ふと気が付いて横に目をやると
誰かがいるのに気付いた

その人はさっき僕が拾った
素敵なものを今の僕以上に

必要としている人だと
言う事が分かった

惜しいような気もしたけど
僕はそれをあげる事にした

 

きっとまたこの先探していれば
もっと素敵なものが見つかるだろう

その人は何度もありがとうと
嬉しそうに僕に笑ってくれた

 

その後にもまた僕はとても
素敵なものを拾った

ふと気が付いて横に目をやると
また誰かがいるのに気付いた

その人もさっき僕が拾った
素敵なものを今の僕以上に

必要としている人だと
言う事が分かった

惜しいような気もしたけど
またそれをあげる事にした

 

きっとまたこの先探していれば
もっと素敵なものが見つかるだろう

なによりも僕を見て嬉しそうに
笑う顔が見れて嬉しかった

 

結局僕はそんな事を何度も繰り返し
最後には何も見つけられないまま
ここまで来た道を振り返ってみたら

 

僕のあげたものでたくさんの
人が幸せそうに笑っていて

それを見た時の気持ちが僕の
探していたものだとわかった

 

今までで一番素敵なものを
僕はとうとう拾う事が出来た

 

 

歌詞のまんまです。

 

今までを振り返り、自分があげたもので、

たくさんの人が幸せそうに笑ってくれた時が、

なにより嬉しかったことに気づきました。

 

素敵なものは既に手に入れていたし、

この先も自分次第でいくらでも手に入ることに

気づけた今が一番、私の人生は豊かです。

 

私にできることで、

あなたにしかできないことで、

一緒に豊かな世界にしませんか?

 

あなたにしかバトンを

渡せない人がいるはずです。

 

そして、渡した時気づきます。

 

自分がとてつもなく

豊かな世界にいることに。

 

今日も私は幸せのバトンを渡します。

 

その幸せのリレーが、

ずっと続くことを願って♡