Heart is filled

並木さん、小さいこと言ってんじゃねーよ

 

ご訪問ありがとうございます!

ブログを通しての

ご縁に感謝します♡

 

f:id:sudeniaru:20200406181838j:plain

 

数年前から、本当の自分に戻ると決め続け、

そのゲートが閉じ始めるといわれていた

3月21日でしたっけ?

もう忘れているという…(^.^)

 

ゲートが閉じ始めると聞いたおかげで

手放すことをちゃんと続けられたので、

並木さんには感謝しています。

 

このブログを読んでいるみなさんも、

自分の中にある観念を見つけては手放す、

そんな繰り返しだったのではないでしょうか。

 

このブログでも、何度か並木良和さんの動画を

文字お越ししてシェアしていましたが、

昨年UPされたこちらの動画、

私の世界ではちょっとした話題になっておりました(笑)

 

 

www.youtube.

 

これまでセミナーの内容など、シェアOKとしていたのが、

今になって、Youtube でシェアしていいとは言ってないとか、

チヒロさんも、なんでシェアするの?と話してます。

 

ちょっとビックリでした。

シェアOKって言ってたんじゃないの???

シェアする人は、承認欲求からだとか…なんとか…

 

何を話しているか興味がある方は、

動画をご覧になってください。

 

並木さんの言う通り、セミナーの内容など、

シェアや公開するにあたり、参加された方々のプライバシーが

わかってしまうようなことを配慮することは

大事だと思います。

 

チヒロさんに関しては、

なんで並木さんの名前を出して金儲けするのって、

言ってるようにしか、私には聴こえなかったんです。

 

「並木さん、チヒロさん、

 小さいこと言ってんじゃねーよ」

 

これが、この動画を見て私が言いたかったことでした。

 

 

その頃、私にもある出来事が起きていました。

 

私の仕事は、基本一人でやるんですが、

私の担当する場所で一ヶ所のみ、

午前は私で、午後は先輩が担当するんです。

 

午前中に私が作業するのですが、ある時、

私が作業し忘れた箇所だったのか、

たまたまお客様の使用頻度が上がって

イレギュラーなことが起きて発生したことなのか、

定かではないのですが、お客様から汚れてて、

クレームがあったと先輩からメールが来たんです。

 

ピンときたのは、お客様からクレームではなく、

自分の作業が増えたことを主張したいのだなと感じたんです。

 

それ以来、先輩にいちいち言われたくないので、

私の作業時間を増やして、先輩が担当する作業分も

やるように改善しました。

 

ちょうど、私の仕事ぶりを見ていた周りの方が、

「705さん(私のことです)、

 そこまではやりすぎです。

 午後の先輩がやることが少なすぎて、

 先輩が楽して給料もらうことになりますよ。

 そこまでやっちゃダメです」

と言ってくれたんです。

 

でも、先輩に何か言われるよりは

マシだと思ってやっていました。

 

基本一人でやる仕事なので、

先輩と顔を合わす必要もないのですが、

担当が一緒なので、ご挨拶しておいた方がいいと思い、

先輩と初めてお会いしました。

 

そこでの話は、終始、いかに楽をして

手を抜くかというお話でした。

 

もちろん、基本一人でやる仕事なので、

自己責任だから手を抜くのは問題ないと思うんです。 

手を抜いても、次の日に自分が大変なだけだから。

 

でも、私と先輩がシェアしている場所は、

私が手を抜くと、先輩が大変な思いをするわけです。

 

私は、相手の負担を増やすような、

手の抜き方はしたくないんです。

 

で、その日以降、先輩が手を抜いていることが

わかることが日に日に増えるようになりました。

 

私が先輩に対して、

「手を抜くいい加減な人」

というラベルをつけたから余計に

そう感じる現実になったんだと思います。

 

はじめは、いちいち言われるくらいなら…

と思ってやっていましたが、

毎日自分の負担が増えてると思うと

段々イライラしてきて、

そのイライラで疲れるんです。

 

f:id:sudeniaru:20200505224134j:plain

 

 

で、その頃に、先程の並木さんの動画を目にしました。

 

いつも言ってますが、

 

人に言いたいことは、

自分に言いたいこと。

 

毎度のごとく、並木さんに言いたいことは、

私に言いたいことでした。

 

どういうことかっていうと、

同じ給料なのに、私ばかり大変で疲れて、

先輩は楽してお金をもらってる!

と私は怒っていたわけです。

 

そんな自分に対して、

「小さいこと言ってんじゃねぇよ」と

私は言いたかったわけです。

 

よくよく考えたら、

私の世界の創造主は私なんです。

私は、自分の世界の王なんです。

 

国王なら、国民の幸せを願うはず。

なのに、国王の自分が、

自分が幸せになることしか考えず、

国民が楽して幸せになることを許可していないという。

 

あーぁ、ちいせぇな自分。

 

そうだった、そうだった。

私は創造主として、神として生きると決めていたのに、

先輩が楽してずるいなんて、小さすぎる!

 

私の世界の国民なんだから、

あなたが幸せならいいよといえる神、国王であろう。

 

こう思い直しました。

 

またね、人にやったことは、

良きことでも、悪いことでも

自分に返ってくるんです。

 

なぜなら、他人は自分だから。

だから、先輩も自分なわけです。

 

こうして、私が先輩をフォローしていると、

私に何か起きたときに、

必ず誰かがフォローしてくれるんです。

 

思い返せば、仕事を始めた頃は、

先輩が私をフォローしてくれていました。

 

そういうことをすっかり忘れて、

(ホント、傲慢で感謝が足りない私です)

私は、ちゃんとやってるんだから、

お前もやれよ💢ってなっちゃうんです。

 

私は、キッチリ仕事をやりたい人なので、

キッチリやらない人が許せない。

 

視点を変えると、私がキッチリやってると言いたいなら、

いい加減にやる人がいないと成立しないので、

つまりは自作自演劇場ということです。

 

私が、いい加減に仕事をすると、

先輩のことは気にならなくなるし、

キッチリやるようになると思うのですが…

 

 

 

また、やったことはやられる

出したものが受け取るもの

 

だから、先輩とのことで、

一見、損しているように感じても、

長い目で見たら損していないことがわかります。

 

私も何かあると、私の時は会社の上司や

スタッフも優しく、すぐに対応してくれます。

何かあった時に、みんなから大事にされてるのを感じて

ここで働けて幸せだなぁと感じます。

 

でも先輩は、上司からメールの返事すら

まともに来ないと怒っていました。

 

それは、自分がまともに

仕事をしていないからでしょって(笑)

 

仕事にしたって、必ず誰かは見ています。

誰かじゃなくても、お天道様は見ている!

 

また、先輩(周り)が幸せならいいですよという

在り方でいると、私のパートナーが、

705が幸せなら僕はハッピーだよといって、

私が幸せになることを与えてくれます。

 

人にやったことは、巡り巡って、

自分に返ってくるんですね。

 

最近、紹介したマカバーバも、

自分のことを素敵だなぁと思ってくださいね

自分のことを神だと思って生きてくださいね

と話していました。

 

私も、自分のことを

そう思いながら生きています。

 

ホントに私は素敵だなぁ~と、

自分で認めると、お客様から言われました。

 

あなたが笑顔で挨拶してくれるだけで、

とても気分がよくなって元気になります!

ありがとう!

それは、あなたの素敵なところですよって。

 

ホント、おもしろいですよね!

自分で自分に言ってることを

他人から言われます。

 

今回の並木さんの動画で気づいたことは、

自分の在り方を変えるということ。

 

器が小さいのは自分だったと(苦笑)

 

また、他人が楽してお金を得ることを

許せないということは、

自分にもそれを許せていないということ。

 

ちゃんとやらないと、

頑張らないとお金はもらえないと

思っていたんですね。 

 

私も楽してお金を得ていいんだ。 

改めて自分に許可を出せました。

 

今までも他人は自分だと言いながら、

そう思える時と、そう思えない時が多々あり、

まして自分より楽して幸せになっている人が

許せなかったんです。

 

私はこんなに苦労しているのに、

あの人は何も苦労せずに幸せになるの💢って。

 

結局は、自分が自分に幸せになることを

許してないということになります。

 

私は私に楽してお金を得ていい、

楽して幸せになっていいと、

許可できていませんでした。

 

それに気づかせてくれた今回の動画や出来事で、

また一つ手放して軽くなりました。

 

私は、要らない観念、感情を手放すために、

このような現実の使い方をしています。

 

現実は、字のごとく

私の思考や観念が実って現れたもの。

 

現実を見れば、自分の中に、

どんなものがあるのかわかります。

 

今回の件に関しては、もう一つ観念が出てきました。

長くなったので、次回に続きます。